menu

年金受給者(年金診断士)とは一緒になりません

「年金診断士」と呼ばれる人たちがいます。


企業を定年まで勤めた後、
中小企業診断士の資格を活かして仕事をしている人たちです。

あくまでも一般論に過ぎませんが、
実に年金診断士の評判が悪いのです。

企業OBですし、定年まで勤めているので、
その時代はそれなりに責任あるポジションに就いていたのでしょう。

激動の時代を定年まで勤め上げたので、
相応の経験を積んでいますから、
皆さん、経験・経歴上の自身もあります。

それが良い方向に働いている方もいらっしゃるのですが、
逆に残念な方向に向かっている人もいるのです。
要するに「上から目線」で社長と話をしてしまうのです。

社長たちからは、上から目線の割には、
役立つ話が聴けない、という愚痴を何度も言われました。

同じ診断士として、悲しいです。


大企業のOBだか、過去は役員だか部長だか知りませんが、
そんなことは社長にとっては、どうでも良い話です。

社長が興味あるのは、
自社の業績を伸ばしてくれるかどうか?だけです。

将来に期待を持たせてくれる人であることを
経営コンサルタントには望んでいるのでしょう。
当然だと思います。

しかし、これらの年金診断士は、
あいにく、過去(の経歴や実績)に重きを置いていることが多いもの。
実に残念でなりません。

こういう方々を見るたびに残念なのは、
以前は企業に、今は公的機関などに雇われていて、
自分自身で事業を立ち上げたこともないのに、偉そうな顔をしてしまうこと。

私は社長に会うたびに思うのです。
ゼロから事業を立ち上げたことには尊敬の念しかないし、
ましてや人を雇って運営している苦労を思うと、
決して偉そうな顔などできません。


年金診断士は、定年後の生活を維持できれば良いので、
稼ぐことに対するプレッシャーが少ないです。

しかし、死ぬまでに数10年は残されている私たちは、
そういうわけにはいきません。

コンサルタントとして投資もしなければならないし、
事業のリスクへの対応もしておかなければなりません。

これからの数10年の間に、
キャリアの方向性を変えることもあるでしょう。

しっかり目の前の仕事から稼がなければならないのです。

私はそういうプレッシャーを感じている人たちと
できる限り時間を過ごそうと思っています。

もう稼がなくても良い状態で、顧客に偉そうにしている人たちと
過ごすほど、時間が余っていないのです。

※もちろん、企業OBでも素晴らしい方はいらっしゃいます。
念のための補足です。

診断士に限らず、他の士業でも似たような人はいるのではないでしょうか。
過去ではなく、未来に目を向けた仲間と、
できる限り一緒にいたいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

【私の履歴書】1冊との出会いで人生が変わった

私が「戦略」という言葉を使いたくない理由

関連記事

  1. お金の話は明るく楽しく!

    おはようございます。渋屋です。昨日は天気が悪く、寒い1日でしたね。私はテレワークの1日でした…

  2. 私が最初のヒアリングでSWOT分析をしない理由

    中小企業診断士の受験科目「企業経営理論」のはじめの方でSWOT分析が出てくるからなのか、あるいは…

  3. まだ見ぬ顧客との会話

    今晩、初めて訪れるところでセミナー講師をします。■当然のことながら、セミナーに来て下…

  4. 資格のおかげで仕事が取れる、という落とし穴

    資格、特に士業のように取得するまで時間がかかる難関資格に関して、ネットを見ていると、「資格を取る…

  5. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  6. システム・アーキテクチャーの変遷(メインフレーム〜クラサバ〜クラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  7. 商品開発の全体像

    昨日は、独立・副業で商品ネタを探すにしても、コンサルティングだけでは厳しいですよ~、ということを…

  8. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP