menu

商品企画の全体像とシミュレーションの意義

LINEで送る
Pocket

商品企画をするとき、どのような流れで進めるのでしょうか。
また、その際に行う、売上目標や収益予測のシミュレーションには、どのような意義があるのでしょうか。

 

商品・サービス企画のコンセプトづくり

新たな商品やサービスを考えるとき、まずはコンセプトから考えます。
具体的には、誰に?何を?提供する商品・サービスなのかです。

自社にとって末永くお付き合いしたい顧客はどんな顧客なのか?
顧客像を明確にすることについては、こちらの記事でご紹介しました。

そして、その顧客に対して提供する価値は何なのか?
具体的な商品・サービスを考える前に、価値について深く検討することをお勧めしています。

  • Before / After
  • Q(品質)C(コスト)D(納期)
  • P/L
  • B/S
  • 使い方(TPO)

などのいくつかの切り口から、価値を書き出すのです。

 

実行計画は定量的(シミュレーション)に考える

そしていよいよ、具体的な商品・サービスの検討に入ります。
実際には上記のコンセプト(顧客像・価値)と商品・サービスを
行ったり来たりしながら、何度も何度も考えます。

大事なことは具体性と一貫性です。
顧客像があいまいだと、商品・サービスもあいまいになります。
顧客・価値・商品の3つを通して一貫性がないと、実行計画が立てられません。

一般的には、この3つの間をグルグルと、何度も何度も考えることになります。
商品・サービスを企画する上で、最も大切なフェーズだと思います。
ある程度、具体性と一貫性を感じられた時点で、定量的なチェックを行なって、アイデアの精度を上げていきます。

  • コストはどれくらいかかるのか?
  • 値段はいくらに設定するのか?
  • どれくらいの初期投資が必要なのか?
  • どれだけ売れば黒字になるのか?(単月黒字)
  • 累積で黒字になるまでの期間(投資回収期間)

などなど。

月額課金型Webサービスの企画を支援したとき、こんな感じのシミュレーションを行いました。
このシミュレーションを行ないながら、商品・サービスの4P(商品・価格・流通・プロモーション)を固めていくのです。
例えば、自社だけでは目標の売上数に達する見込みがないとき、代理店を活用できないか?(流通)を検討します。

定性的なコンセプトだけでは、予算や体制を組む意思決定もできません。
このように定量的にチェックすることで、アイデアレベルの企画を実行レベルに落とし込んでいくのです。

 

売れていく様を楽しく想像しながらシミュレーションする

シミュレーションをするとき、最近大切だと感じていることがあります。
それは「数字の積み上げを楽しんで行えるか?」です。

自分たちの考えたアイデアが、本当に顧客にとって価値のあるものであれば、売ることにワクワクするはずです。
心から良いと思っている商品・サービスであれば、売れないことに罪悪感すら覚えるはず。
自社だけで売れないなら、どうやって売れる体制をつくれるのか?広くアンテナを張れるようになるでしょう。

旨いラーメン屋を見つけたとき、それを友人に教えることに抵抗感はないはず。
しかし、自社の商品を売ろうとした途端に抵抗感を感じるのであれば、心のどこかに「売りつける」感覚があります。

もし、売れていく様を想像したときにワクワクしない、ノルマが与えられたように感じるのであれば・・
顧客に対して価値を提供する商品・サービスではなく、自社のために存在する商品・サービスになっている可能性があります。
論理的なことではなく、感覚的なことですが、非常に大切なことです。

商品・サービス企画は、新しいものを生み出す楽しい仕事です。
(当然、大変なことも多々ありますが。)
まずは自分たちが徹底的に楽しんでいるか?感覚を大事にしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は、IT企業にて終日、商品・サービス企画の研修講師をします。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

マラソンをはじめた理由と、今抱えている悩み

ゼロからイチを生み出す起業家の特徴

関連記事

  1. 【トライアスロン経営塾】マーケティングの基本の基本を行いました

    9月25日、『トライアスロン経営塾(マーケティング編)』の第1回を行いました。社長・取締役・次期…

  2. 商品企画におけるシミュレーションの進め方(全体調整~まとめ)

    商品企画をする際のシミュレーション方法について連載しています。まずは、シミュレーションをする…

  3. 顧客像を描くときに必要なイノベーター理論、メッセージを連動させる…

    マーケティングでは理想とする顧客像を描くことが、非常に大切です。特にリソースに限りのあるスモール…

  4. マーケティングセンスを身につけられる、誰にできる方法

    マーケティング・センスは、全てのビジネスパーソンに求められます。これから何が売れるのか?を考える…

  5. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  6. 商品企画におけるシミュレーションの進め方(全体像~コスト算出)

    先日、「商品企画に関するシミュレーションの意義」を記事にしたら、思った以上にアクセスがありました。…

  7. マーケティングに必要な「あなたの事業ミッション」は何ですか?

    マーケティング支援、つまり「売れる仕組みづくり」をするために、こんな質問をする人は、あまり居ないかも…

  8. ビジネスを安定させるためのマーケティングとは?

    先週行なったマーケティング塾の内容をご紹介します。リソースの限られている中小企業においては特に、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP