menu

会社員に戻るという選択肢はあるのか?

少し前のこと。
私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。


ある公的機関での仕事に入るところから、
独立生活を始めたそうです。

しかし、その仕事をし始めてから、
その彼は気づきます。

事業を営むものとして、自ら選択し、進むことよりも、
組織に所属し、仕事を着実に遂行することが
自分には向いている、と。

翌年度、彼はその機関で職員になったそうです。


その話を聞いたとき、
唯一、その彼に良い上司が当たることだけを祈りました。

組織の一員として仕事をする。
私はそのことも素晴らしいことだと思っています。

私自身、10数年間、組織でお世話になりましたし、
その経験があるからこそ、今があると思っています。

ただ、良い上司に恵まれさえすれば。

組織に所属している以上、上司は選べません。
同僚も選べません。

さらに言えば、仕事も選べません。
働く場所も時間も選べないことが多いでしょう。


当たり前のことなのですが、
会社員でいることにも、独立することにも、
それぞれメリットとデメリットがあります。

冒頭の彼にとっては、
会社員のメリットが勝った、
ということなのでしょう。

現時点での私は、
独立のメリットが会社員であることのメリットに打ち勝ち、

さらに、上述したような会社員のデメリットを
強烈に感じてしまっている、という状態です。

だから独立後、会社員に戻りたいと思ったことは
一度もありません。


この辺の感覚で大変なのは、
会社員にとっては、独立のメリットとデメリットを
肌で感じることができないことでしょう。

だから、本当にチャレンジしたいなら、
早く独立してしまえば良いのです。
そうでなくても、せめて、複業を始めたら良いでしょう。

組織でなく、自分という個人で
モノを売ることの厳しさ・難しさを体験できますので。

その上で、どちらを選ぶのか?
自分に正直に応えれば良いと思います。

どちらが良い・悪いではありませんので。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

経営者にすべきは「売れる人」なのか?

考えるだけで胸がキュッとするイベントがありますか?

関連記事

  1. 「2:8」の世界から「1:99」の世界へ

    これからは、きっとこういう世の中になるんだろうな、というイメージがあります。■私は日…

  2. 士業を活用する人、使われてしまう人

    士業として独立すると、多くの人が何らかの伝手(つて)をたどって仕事を獲得します。■…

  3. 最強のプログラム(ビジネス設計図)が生まれそうです

    少し前のことですが、とあるフレームワークを入手しました。ビジネスを加速させるための、すご過ぎて、…

  4. いつからスケジュールを押さえるか

    昨日は、理想の1日、1週間を描きましょう、と提案しました。描いた上で実践してみた…

  5. 【独立のリアル】独立した人の大半が抱く悩みに、私もぶち当たりまし…

    独立したら時間は自由になりますし、収入は(理論上)は上限なし。会社員から独立し、少し落ち着く頃に…

  6. まだコミットが足りなかった!

    一昨日、起業直後にも関わらず、あっという間に会社員時代の年収を上回る受注を獲得した若者のセミ…

  7. 気持ちが動いたことは記録しておく

    日々、生きていると、頻繁に気持ちが動きます。笑うときもあれば、イラっとするときもあり…

  8. 【勉強会】フォームを作り上げておく #563

    おはようございます。渋屋です。昨日は久しぶりに1時間以上のRUN。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP