menu

生産性が上がらない、たった1つの決定的な理由

前々回、前回とシステム導入の基本的な考え方、業務の標準化について述べてきました。


1回で終わる記事のハズだったのですが、思いの外、関連ニュースが目に飛び込んで来たので、もう1回だけ書きます。
昨日、目に入ったニュースはこちら。

教員の多忙 授業準備できず(Yahooニュース)

子どもを小学校に通わせる親としては、気になるニュースです。
昨日の自治体に引き続き、「まだこんなことやってるのか?」と思わずにはいられません。

 

コア業務に集中できているか?

この記事を読むと、教員はやることが多すぎて、本業の授業に向けての準備ができないとのこと。
そりゃそうだよな・・と私も実感として分かります。

息子が学校で喧嘩をして相手に手を出してしまったとき。(足を出すことも・・)
すると、共働きの我が家には、夜、電話が掛かってきます。
朝8時前から通学路に立っているのに、夜、電話をしている時点で、明らかにサービス残業です。
本当に申し訳なく思ってしまいます。

きっと、うるさい親が増えたからなんでしょうね。
昔は教員が生徒を普通に殴ってましたから、子ども同士の喧嘩にいちいち、親は介入しなかったのではないでしょうか。

その他にも運動会の準備やら、夏はプールやら。
全て授業と言えば授業ですが、校庭に線を引いたり、椅子を並べたりするのは、教員じゃなくても良いでしょう。
教員にとってのコア業務ではないからです。

一方で塾や予備校の講師は、授業だけに専念できます。
もちろん、学業のみならず、生活そのものも観る立場にある教員と、講師を直接比較はできません。
ただ、それでもコア業務に集中できているかどうか、その差は明らかではないでしょうか。
結果的に、それが授業の質における差となって現れるのです。

 

コア業務以外はやらない

理想は、コア業務以外はやらないことです。
その1つが、システムによって効率化することでした。
教員の業務であれば、外注してしまえば良い、と感じています。

部活の顧問などは、その典型例でしょう。
放課後や土日も勤務することになりますから、教員が片手間でできることではありません。
それをサービス残業で補おうとすることに、無理があるのです。

予算がないのであれば、部活費として、ちゃんと家庭に請求すべきでしょう。
相応の価値を提供しているわけですから。

コア業務以外は基本的にやらない。
それが本業の質を上げることであり、生産性を上げる基本的な考え方です。

 

生産性が上がらない、たった1つの理由

ここまで好き勝手に言ってきましたが、昨日の自治体の件を含め、そう簡単には変わらないと思っています。
決定的な理由があるからです。

そう、公務員は予算の世界であり、固定給だからです。
効率化して生産性を上げたからと言って、余った予算を別の目的に使えるわけではありません。
(だから、予算消化が目的のような行動が出てしまうんですよね・・)
実績を上げているにも関わらず、政権が変わってしまったら、逆に予算を削減されてしまう可能性すらあります。
そして、生産性を上げたからと言って、それを人件費(給料)に反映できないからです。

一般企業であれば、生産性が上がれば粗利が増えます。
ボーナスとして社員に還元しても良いし、何かに投資することも可能です。
あるいは内部留保や、借金返済で、財務体質を改善することもできるでしょう。
そういう目的がちゃんと社員に伝われば、会社が一体となって生産性向上に取り組めるのです。

しかし、予算や固定給の世界においては、生産性を上げても、変化・ご褒美がない。
だとすれば、誰も生産性を上げようとしないことも納得です。
敢えてリスクを取って改善・改革を行おうとする人が現れない理由は、この辺にあるのではないでしょうか。

これは公務員における構造像の致命的な欠陥だと考えています。
結果的に多くの公務員は安定志向であり、起業家的なマインドを持った人には、滅多にお目にかかれません。
優秀な頭脳を抱えているのに、国家的な損失と言っても過言ではありません。

なお、この話は公務員に限った話ではありません。
大企業も似たようなものです。
毎月、それなりに高い給料が、極論言えば何もしなくても振り込まれる。
それが「ゆでガエル」を大量生産するのです。

「基本給」「固定給」という考え方は、確かに様々なメリットがある一方で、
下手をすると、それ以上のデメリットがあるのではないか?
そう思ってしまう、諸々のニュースでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は都内の企業で終日研修を行います。
2日プログラムの1日目です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

標準化すべき業務を標準化しない、日本の害悪

未完了タスクの数だけ、生活の質が落ちていく

関連記事

  1. 名刺の管理

    昨日につづいて、小ネタを・・・皆さん、名刺の管理はどうされていますか?私は今まで、プライベートで…

  2. 仲間を増やす喜び #667

    おはようございます。渋屋です。■近所のパパ、RUNに目覚める!数週間前、…

  3. ボヤボヤをやっつけろ!

    こんばんは、duckです。最近、頻繁に思うことがあります。診断士試験に合格して以来、今までなかったよ…

  4. 今を一期一会に変えるには #519

    こんばんは。渋屋です。引き続き沖縄にいます。明日帰るので、今日が…

  5. 重~い負荷 #319

    こんばんは。duckです。今日も仕事、仕事、仕事!な1日でした。良い循環が出来始めているのか、今日も…

  6. 与えるために学び続ける

    ゴールデンウィークにも関わらず、ガッツリとセミナーに参加しています。(明日から3日間は家族との時…

  7. ビリでも良いから、「あっち側」に居よう

    こんばんは、渋屋です。フィリピン マニラ2日目です。今日初めてお…

  8. 親へのお礼

    こんにちは、duckです。昨日は大学後輩の結婚式に行ってきました結婚式参加は数年振りでしたが、新たな…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP