menu

コンサルタントは業界特化すべきか?

LINEで送る
Pocket

コンサルタントは業界を特化するべきでしょうか?
それともある特定のスキルを業界横断的に
活かすべきでしょうか?


私はどちらもアリだと思っています。

私の場合、独立直後はマーケティングスキルを
業界関係なく使ってきました。

様々な業界を経験してきましたが、
私の強みが最も活きるのはIT企業でした。
新卒から独立するまで、ずっとIT業界に居ましたから。

そこで今は事実上、IT企業に特化したコンサルティングや
研修を提供しています。

別に他業界を受けないわけではないのですが、
提供できる価値が異なるようで、

リピートオーダーして下さったり、他の顧客を紹介して下さるのは、
圧倒的にIT業界です。


IT業界の相談に乗っていると、
期待されるのはマーケティング以外のこともあります。

採用を相談したいとか、
技術者育成のプランを考えてほしいとか、
プロジェクトマネジメントして欲しいとか、
社長の右腕を育てたいとか、
お金をどうやれば管理できるのかとか、
モノを作ってくれる製造業に会いたいとか、

もう色々と出てきます。

でも、だいたいそれなりに対応できてしまいます。
やはりIT業界の経験が長かったからなんでしょう。


業界に特化すると、その分野では色々と対応できることを求められます。
結果として、1社との付き合いが深くなるので、
そう多くの顧客とは契約できないでしょう。
私の場合は、せいぜい10社程度が限度だと感じています。

一方、業界特化せず、例えば「会計」「マーケティング」のような特定スキルを
様々な顧客に提供することも考えられます。

その場合は、1社との付き合いは前者ほどは深くならないので、
より多くの顧客と対応することになると思います。
このやり方なら、毎日1社に会えるとして、20〜30社は担当できそうです。

どちらが良い・悪いではなく、どういう働き方をしたいか。
そして、顧客とどういう関係を築きたいか。

その辺りを意識して、広げる方向・深める方向を定めていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

新商品・サービスを開発するために必要な3つのこと

怪我をしないで子どもと遊び切る、お父さんのための習慣

関連記事

  1. セミナーを成功させるコツ

    昨日のメルマガでは、独立を目指すなら、セミナーを始めてみよう、と提案しました。■…

  2. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  3. コンサルティングのプロセスを意識する

    私は、「教えないコンサルティング」を主に行なっています。■それはなぜか?知識だけ…

  4. 独立するなら学び方を変えたい科目

    このブログ読者には、中小企業診断士だけでなく、診断士を目指す受験生も多くいらっしゃいます。…

  5. ライバルを増やして大丈夫なんですか?

    最近、良く聴かれることがあります。■私が中小企業診断士を中心に士業の独立を支援し…

  6. 明確な数値(売上)目標を掲げた効果

    1月の目標達成率が約90%に留まってしまった理由。1つは、年初に新しい仕事の立ち上げで思…

  7. 中小企業診断士(士業)の仕事分類

    中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると多様性が著しく高いのではないか?と思います。独…

  8. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP