menu

もっと研修講師をやろうと思った理由

このところ、いくつかの研修講師をしています。


独立したときから、研修やセミナーの講師よりも
コンサルティングの仕事を多くしたいと思っていました。

まずは1対1のコンサルティングで経験を積みまくり、
それから講師としてお話しするのが良いと
思っていたからです。

それに自分が一番やりたかったのが1対1でしたので。
ですから講師は月に1~2回で十分かな、と。


ただ最近、その考えが少し変わってきました。
もう少し増やそうかと。

このところ講師の頻度が一時的に増えたので、
資料を作る機会も増えました。

すると、これまでコンサルティングで
話をしていたことが、
必ずしも上手く資料化できないのです。

自分では理解していたつもりのことが、
文字や図式化するときに、
あいまいだったことに気づいてきました。

アウトプットの量が足りていなかったのです。


もっと講師をやれば、自然とアウトプットが増えるし、
結果としてあいまいな理解を潰すことができます。

それがコンサルティングにも良い効果となって
現れるでしょう。

私の役割は、経営者に希望と安心を与えること。
結果として、顧客の事業を成長させること。

そのためには、
コンサルティングも講師も、手段に過ぎません。

自分は何者か?
勝手に決めすぎていると、成長を阻害してしまいますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

売れないのには、ワケがある

周りに流されて遊ぶだけのGWは危ない

関連記事

  1. ノウハウよりも大事なもの

    「渋屋さんのブログとかメルマガって、 具体的なノウハウに行き着く前の内容が多いですよね! 無…

  2. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  3. 顧客の一挙手一投足に注目する

    昨日、顧客の期待値を超えているか?自戒を込めて書きました。■実際、あらゆる事…

  4. 士業の目の前に広がるブルーオーシャン

    士業のいいニュース、あまり聴かないですよね。■最高峰の司法試験突破者でさえ、職に就け…

  5. 土台が固まらないと次に行けない

    最近、意図的に色々な本を読むようにしているのですが、私の場合、少し難解な本になると、途端に読めな…

  6. 顧客の時間軸

    コンサルティングは、その効果が出るタイミングによって、分類することができます。すぐに…

  7. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

  8. レベルが高い人ほど、さらに学んでいる事実

    レベルが高い人は、本当に良く学んでいると感じます。■セミナーに行ったり、コンサルティング…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP