menu

私の稼動実績(時間の使い方)をシェアします

LINEで送る
Pocket

毎日、どのくらい働くのが理想ですか?


独立すると、
その理想値を決めるのも自分次第です。

私の場合は、
7~8時間くらいが妥当だと考えています。

この中には顧客と接している時間だけでなく、
移動の時間、記事を書く時間、マーケティング、
セミナー参加、事務処理の時間なども含んでいます。

一般的な会社員は、会社に8時間居て、
オフィスまでの往復に2時間、合計10時間だとすると、

それよりは少し短時間の働き方を目指している、
と言えるでしょう。


でも実態は、2017年2月の実績で言うと、
働いていた時間は合計、約280時間です。

土日を含んで、毎日10時間という計算です。
実際には土日はそこまで稼動していないので、
平日の稼動は、もっと長いのです。

内訳は・・

まず、約80時間を移動だけに使っています。
なんと毎日3時間近く、移動に取られているのです。
(できる限り、読書や情報収集の時間に当てています)

売上に直接的につながる仕事の時間は約124時間。
稼動している時間の半分弱という状態です。

そして、ブログを書いたり、セミナーで学んだり、
あるいは人とお会いしたり、
そういった、将来に向けての種まき活動が約68時間。

残り8時間が経理や請求書発行などの事務作業。


もっと移動時間を減らしたいです。
そのためにも、都内の仕事を減らして、
地元、神奈川・横浜の仕事を増やしています。

売上に直結する仕事の時間、
つまりアウトプットが半分程度というのは、
まぁ、このままで良いかな、と思っています。

逆にインプットの時間やマーケティングの時間を
もっと増やしたいです。

そのような理想を持っているから、
時間の使い方、つまり働き方を

少しずつ変えようとする意思が働きます。

ちなみにタスクと時間は、
こんな感じで管理しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

子どもにスマホを持たせるか?の議論が不思議に感じる

関連記事

  1. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  2. 自分メディアの交通整理 #376

    こんばんは。渋屋です。少しの間、ブログには書いておりませんでしたが、相変わらず出版は目指しています。…

  3. 書く仕事を増やしてみて、感じていること

    最近、書く仕事を増やしています。「聴く」、「話す」、「書く」仕事の割合独…

  4. 美しい商売を追い求めつつも・・

    できることなら、さっさと「美しい商売」を作り上げたいと思っています。が、実態は・・&nb…

  5. 「日収 100万円」の世界から感じたこと

    最近、恐ろしい2人にお会いしました。1人はコンサルタント(本人はコンサルトは名乗っていませんが)…

  6. 働き方の3段階を考えてみた

    昨日、ディズニーをオフィス化する記事を書きました。この記事をまとめながら、ふと働き方…

  7. 士業・コンサルタントの営業は、「良いものを教えてあげる」

    「営業」と聴くと、一歩引いてしまう人が、かなり居るようです。私の周りで言うと、属しているあるコミ…

  8. 仕事をシンプルにしよう、複雑な仕事は疲弊する

    前々回、前回に引き続き、「残業のない職場を生みだすためのワークショップ」で感じたことを書きます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP