menu

軸となる価格を決める

稲盛和夫さんが仰られている通り、
値決めは経営の肝です。


私たちのように目に見えない
コンサルティングのようなサービスを売る人は、

なおのこと値決めに真剣に向かう必要があるでしょう。

空気のように目に見えないものに
どれだけの価値を乗せることができるのか?

そして、乗せた価値を、
どれだけ顧客に伝えることができるのか?


私が独立後にぶつかった壁の1つが
正に値決めでした。

複業時代も自分で価格を決めていましたが、
会社員として安定収入がありましたから、

それほど真剣には考えていなかったのでした。

独立後に各種サービスの価格をつけようとしたとき、
動きがピタッと止まってしまったことを、
今でも覚えています。。

そのとき気づいたのです。
会社員のときは、売るものの価格を会社が
決めてくれていたのだ、と。

私は商品企画もやっていたので、
価格を決める側に居たこともありますが、

フリーランスの価格のつけ方と、
大企業のそれとは、必要な筋肉が違うのでした。


今も毎回悩む値決めですが、
多少はブレなくなってきました。

軸となる価格を決めているからです。
私の場合は個別コンサルティング(5万円)の価格が
1つの目安となっています。

個別コンサルティングは対面でお話しすることが基本。
法人向けサービスでは、他にもいくつかあります。

●弊オフィスの法人向けサービス
http://biz-it-base.com/?page_id=5753

毎回、最も値決めに悩むのが
「3.ハンズオン型プロジェクト支援」です。

要件が毎回異なるので、調整をしてから契約となります。
特に最初は迷ったのですが、今は個別コンサルティングの
価格が軸になっています。

2時間で対面でお話しする個別コンサルティング。
ハンズオンは資料を作ったり、調査したりと、
私が手を動かす時間も必要となります。

そのため時間単価は個別コンサルティングよりも
高くなります。
逆に手を動かす時間の少ないハンズオンなら、
個別コンサルと同じ時間単価を設定します。

こうして少しずつ値決めに方針ができてきました。

ただ、市場も常に変化しますし、
私自身の成長もありますから、

今後もずっと価格とは向き合い続けるのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

人と機械(システム・ツール)の関係は、どう変化していくか?

中小企業診断士がなかなか儲からない理由を考えてみた

関連記事

  1. ビジネスの設計図 #390

    こんばんは。渋屋です。昨日は鮒谷さんセミナーの仲間と結成している会、RunEvo(ランエボ)に参加し…

  2. 自分の商品・サービスにこだわり過ぎる人に贈る、最強の言葉

    昨日は、以前より勝手に注目させていただいている中村仁さんのセミナーに参加しました。中村さんのセミ…

  3. 独立する前に出来ることは全部やる

    こんにちは、渋屋です。昨日は、相続を専門とする司法書士 高杉さんのセミナーに参加してきました。…

  4. フリー(独立)への大きな流れ

    7月11日のメルマガ【「雇われない生き方」の次の時代】というタイトルで記事を配信しま…

  5. 下請けと会社員の共通点

    最近、とあるコミュニティに入りました。下請け製造業から脱却し、自社商品を展開するためのス…

  6. 自分のエネルギー状態を常に意識する

    コンサルティングやコーチングなど、クライアントと1対1に向かい合うとき、自分のエネルギー…

  7. 大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

    大企業の突然死が続いています。個別の企業名を挙げなくとも、思い浮かぶ企業があるでしょう。まだ…

  8. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP