menu

車を買ったのに乗らない人たち

車を買い、持っているにも関わらず、「事故が怖い」と乗らない人たちがいます。
ハサミという便利な道具があるにも関わらず、「指を切ったらどうしよう・・」と使わない人がいます。

笑い話のような話ですが、実際にある話なのです。

 

恐れが先行して、正しい行動を取れない

上記2つの例は、あくまでも比喩です。
せっかく免許を取って、車を買ったにも関わらず、乗らない人はいないでしょう。
(ペーパードライバーなら買わない・乗らないはず)

しかし、これと似たような状況が、システムになると散見されるのです。

  • 情報漏洩が怖いから、パソコンは持ち出し禁止
  • 同じくUSBメモリは使用禁止
  • セキュリティ事故が怖いから、生産設備はネットワークにつながない

というような話です。

本来、パソコンはビジネスで活用し、貢献するために使われるものです。
持ち出すことによってビジネス上のメリットが増大するなら、持ち出した方が良いはずです。
しかし、正しい理解もないまま、「情報漏洩が怖い・事故が怖い」と感情だけが先行して、
持ち出し禁止になる例は非常に多いのです。

車を買ってガソリンも入れたのに、移動手段として活用しない。
車だったら明確な笑い話になるのですが。
それがパソコンになると、なぜかそれが「正しい行動」くらいに認知されています。

 

システムはビジネスを加速するためのもの

繰り返しになりますが、パソコン(システム)はビジネスに貢献するために存在するものです。
もし、パソコンを持ち出して、オフィス以外でも使えた方が貢献度が増すのであれば、やるべきなのです。

紛失や盗難に遭って、情報漏洩するのが怖いのであれば、
それを理由として持ち出し禁止をすべきなのではなく、
「どうすれば安全に持ち出せるようになるか?」という問いを立てるべきでしょう。
何も考えずに「持ち出し禁止」するのであれば、サルにもできるのです。

システムはビジネスを加速するためのもの。
そこに何らかの懸念があるのであれば、ビジネスへの貢献と、リスクへの対応を両立させる。
それが専門家たるシステム担当者(セキュリティ担当者・パソコン担当者)への期待ではないでしょうか。

ちなみに生産設備をネットワークにつながないと言って、セキュリティが守られているわけではありません。
USBメモリでデータ交換する際に、マルウェアにやられるのは、良くあるケースです。
「ネットにつながないので大丈夫」と無駄に安心してしまい、セキュリティアップデートなどに対応せず、放置してしまうのが根本原因です。

 

そもそもリスクは何なのか?

セキュリティの話になると、どうも空中戦になることがあります。
モヤッとした中身のないミーティングが続くのです。
何時間続けても、結論が出ません。

  • 何がリスクなのか?
  • 経営に与えるインパクトはどれほどなのか?
  • 対策にかかるコストと、期待される投資対効果はどれくらいなのか?

こういう具体論がないままに、「怖い」「責任とらされる」「じゃあやめとこう」という組織が多いこと多いこと。
仮に技術に詳しい人が居て1点目は答えられたとしても、2点目以降のビジネス視点以降が完全に抜け落ちるのです。

先日、ある組織がモヤッとした状態に陥っていたので、思考の交通整理をお手伝いしました。
しかし、既に時遅しで、力及ばず。
理由のない恐怖に飲み込まれていたオッサン達は、思考停止に陥って、最悪の業務フローを設計してしまいました。。
(詳細は書けませんが、まさかの「全部、紙でやろう」とのこと。時間とお金の無駄使いです。。)

かわいそうなのはその業務フローに従わなければならない人たち。
「私だったら発狂するだろうな・・」と不憫に思うことしかできませんでした。

こんなことが起きてしまうのも、リスクを定義していないからです。
システムを使うことによるリスクを定義するだけでなく、
使わない(現状のまま)のリスクも定義することが必要です。

例えば現代において、紙で業務をまわすことが、どれだけビジネスのスピードを落とし、脚を引っ張っているか。
これは強烈なリスクです。

技術的に詳しくなくとも、ビジネスにどういう悪影響を与えてしまうのか?は書けることが多いものです。
何をどうチェックしたら良いのか、全く検討もつかないという場合は、IPAが公開している「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」などを確認してみてはいかがでしょうか。

それでも不安な場合は、専門家にご相談を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日から小学生の息子は夏休み。
初日の今日は、息子と2人で、3Dプリンタとマイコンによるロボット作りに行って来ます。
そのまま夜に、国立科学博物館のイベントに行く予定です。
科学まみれの1日になります(笑)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

IoTシステムは、人と接するところが肝

全てに陰と陽がある

関連記事

  1. この技術は、どう使ったら面白いことになるのか?

    おはようございます。渋屋です。昨日のブログは、過去数ヶ月の中で、圧倒的なアクセスがありました。…

  2. IoTシステムは、人と接するところが肝

    IoTシステムを設計していると、機械やシステム面の部分ばかりに目が行ってしまいがち。システムであ…

  3. IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

    ITを導入する際、業務プロセスの見直しを同時に行うと、効果が高いという記事を書きました。その…

  4. 日本に訪れる人は超・不便!日本の通信事情。

    おはようございます。渋屋です。昨日、香港に到着しました。街中、人だらけで…

  5. IT(情報通信)中小企業の研究開発を増やしたい

    IT(情報通信)業界は、一般的に他の産業と比べると研究開発費が多い産業とされています。&nb…

  6. 顧客を集めるのは、ホームページだけ?

    このところ、小さい会社の支援が増えつつあります。訪問する前に、その会社のホームページを見るのです…

  7. 日本のIT戦略とオープンデータ

    ■国家の IT 戦略『世界最先端 IT 国家創造宣言』をご存知でしょうか?ずいぶん大層な…

  8. IT(情報技術)は関係性を把握しないと理解できない

    仮想通貨、ブロックチェーン、ICO・・IoTや人工知能(AI)はある程度理解できる人でも、こ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP