menu

あなたの顧客はどこにいるのか?

昨日のセミナーでお話ししたことの中で、
最もお伝えしたかったこと。


「顧客は誰か?」

「顧客はどこにいるのか?」

私がこれまでにずっと顧客に質問し続けて、
同時に自分にも問い続けていることです。

「顧客を定義し、そして顧客がいるところに会いに行く。」

端的に言えば、ビジネスを生み出すのに必要な行動は
これだけです。


ここで、士業には公的機関や銀行などに入りやすいという
メリットがあります。

いきなり最終顧客に会えなくても、
最終顧客とつながりがある組織には会いやすいのです。

私が昨日、某市の中小企業支援センターに
行ってきたのもそのためです。

ですから士業の場合、
「顧客はどこにいるのか?」だけでなく、

「顧客とつながりのある組織はどこか?」

という問いを立てると、ビジネスが大きく動き始めます。


さらに、その組織での仕事を獲得したとして、
そこでプレイヤーに徹しないこと。

与えられた仕事を粛々とこなしたところで、

予算や政策の都合もありますから、
その仕事をいつまで続けられるか分かりません。

しかも一般的に公的機関での仕事は謝金が高くありません。

一時的な謝金をもらうために仕事をするのではなく、
(これだけの人が多いのですが・・)

そこで顧客のニーズを知り、
そのニーズを満たすための行動を徹底的に考えて行動すること。

その組織でできることならば、その立場で行動しますが、
そうでないことなら、個人・自社のサービスとして提案してみる。

顧客と、仕事を与えてくれている組織が喜んで頂きつつ、
同時に自分のマーケティング活動をしっかりと行うのです。

ぶっちゃけ、謝金・報酬を頂きながら
マーケティングをさせていただけるのです。

苦労して取得した資格を最大限、活かしましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

取り敢えず門を叩いてみれば、道は開ける

関連記事

  1. こんな人と仕事をすると、気が滅入る。。

    独立する理由の1つは、一緒に仕事をする人(顧客、パートナーetc)を選べることです。上司を選べず…

  2. 独立してデメリットだと感じられる3つのこと

    「独立すると自由で良いですよね!」などと会社員の方に無邪気に言われると、正直、少しイラっとす…

  3. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  4. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  5. 独立してから使っているツール一覧

    日々、様々なツール(Webサービスやガジェット)を使いながら仕事をしています。 私がどんなツールを使…

  6. 会社員の方が合っている人もいる

    昨日は、独立した人のどれくらいが食べていけるのか?言い換えると再び雇われる道を選ぶ人がい…

  7. 動き続けると引力が生まれる #576

    おはようございます。渋屋です。昨日は終日、家族デーでした。一昨日…

  8. コンサルティング力と営業力

    あなたも既に感じているように、世の中は大きく変化しています。■働き方は大きく変化…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP