menu

社長とじっくり話すから見えてくること

LINEで送る
Pocket

先日、知り合いの社長の話をじっくり聴こうと思い、
一緒に飲みに行ってきました。


営業的な飲みは嫌いですが、
元々、お互いのことを良く知っている関係なので、
気軽にサックリと、割り勘で(笑)行ってきました。

それなりに気心の知れた間柄のためか、
初っ端から今の悩みがザクザク出てきました。

・起業間もない社長が何に悩んでいるか?
・これからの事業をどうしたいと思っているか?
そのためにハードルになっていることは?
・今、直面している採用の悩み
・組織を大きくする上での悩み

等など。


私が知っている他社の事例を話すだけで
社長のヒントになることもあるようで、

テンポの良い会話のキャッチボールを楽しみ、
気付けば、あっという間に2時間ほど経過していました。

社長はわざわざ帰宅ルートを変えてまで、
私に着いてきて、ギリギリまで楽しんでくれたようです。
(親しい間柄だからこそですが・・
初対面で着いてこられたら怖いですものね。。)


オフィシャルな場所でしっかりと話を聴くことでも、
色々と知ることができますが、

そうでない場所で、より深い話が聴けることも事実です。

そんなシーンをどれだけ自ら設けられて、
どれだけ真の困り事を聴けるか?

これが1つの勝負どころだと感じています。

ネットがこれだけ広がっているからこそ、

直接、自分が獲得する1次情報と、
他者を経由して知る2次・3次情報とでは

圧倒的に差がついています。
(2次情報は誰でも手軽に獲得できますから)

1次情報を拾うために、
マーケティング戦略をしっかりと設定しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

マラソン30kmの壁はなぜやってくるのか?

事業の目的を定め、意思決定基準を固める

関連記事

  1. コンサルティングで終わらない

    私は、コンサルタントだからこそ、生涯の仕事を「コンサルタント」では終わりたくないと考えています。…

  2. 早くも1年の4分の1が終わりますね

    2017年、4分の1が終わろうとしています。年間の目標に、どれだけ近づけているでしょうか?(…

  3. 商品力のインパクト

    このところ、「商品」の大切さを改めて考えています。■世の中、色んなマーケティング手法が生…

  4. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  5. 商品構成を最適化する

    私が独立を決意したとき、そのことを当時ボランティアで支援をしていた会社の社長に伝えると、…

  6. 仕事の新陳代謝を行なう

    あなたにとって、「理想の仕事」とは、どんな仕事でしょうか?■少なくとも私…

  7. 情報発信で得られるもの

    独立している者として、情報発信をし続けてきたことによって得られるものの価値は、計り知れません…

  8. 独立直後こそ必要なバランス感覚

    独立直前・直後の最大の不安と言えば、「本当に稼ぐことができるか?」極論、この1点に尽…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP