menu

社長とじっくり話すから見えてくること

LINEで送る
Pocket

先日、知り合いの社長の話をじっくり聴こうと思い、
一緒に飲みに行ってきました。


営業的な飲みは嫌いですが、
元々、お互いのことを良く知っている関係なので、
気軽にサックリと、割り勘で(笑)行ってきました。

それなりに気心の知れた間柄のためか、
初っ端から今の悩みがザクザク出てきました。

・起業間もない社長が何に悩んでいるか?
・これからの事業をどうしたいと思っているか?
そのためにハードルになっていることは?
・今、直面している採用の悩み
・組織を大きくする上での悩み

等など。


私が知っている他社の事例を話すだけで
社長のヒントになることもあるようで、

テンポの良い会話のキャッチボールを楽しみ、
気付けば、あっという間に2時間ほど経過していました。

社長はわざわざ帰宅ルートを変えてまで、
私に着いてきて、ギリギリまで楽しんでくれたようです。
(親しい間柄だからこそですが・・
初対面で着いてこられたら怖いですものね。。)


オフィシャルな場所でしっかりと話を聴くことでも、
色々と知ることができますが、

そうでない場所で、より深い話が聴けることも事実です。

そんなシーンをどれだけ自ら設けられて、
どれだけ真の困り事を聴けるか?

これが1つの勝負どころだと感じています。

ネットがこれだけ広がっているからこそ、

直接、自分が獲得する1次情報と、
他者を経由して知る2次・3次情報とでは

圧倒的に差がついています。
(2次情報は誰でも手軽に獲得できますから)

1次情報を拾うために、
マーケティング戦略をしっかりと設定しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

マラソン30kmの壁はなぜやってくるのか?

事業の目的を定め、意思決定基準を固める

関連記事

  1. 独立後、再び会社員に戻る人

    読者の方よりご質問をいただきました。「独立後食べていけるまでになる方は 全体の何割くらい…

  2. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

  3. 事業を成功に導くモノ

    会社の看板も何もない私たちが、個人で事業を成功するためには?■今まで幾度と考えてきま…

  4. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

  5. 経験を買うことで加速する

    今年に入ってから高額セミナー・コンサルティングに投資しました。それによってかなりの加速度がついた…

  6. 新しい道具を探す楽しさ:道具を更新していますか?

    私は、常に新しい道具を探しています。■ここでいう道具は、カバンやパソコンなどの物…

  7. 商品力のインパクト

    このところ、「商品」の大切さを改めて考えています。■世の中、色んなマーケティング手法が生…

  8. 結局、自分は何をしたいのだろう?

    ひとりビジネスを始めて以来、「自分は何をしたいのだろう?」と悩むことが多くなりました…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP