menu

IoT・AI以前に中小企業が取り組むべきデータ活用

LINEで送る
Pocket

IoT・AI・VR・ブロックチェーン・ロボティクス・・etc

次々と新しい技術が生まれ、これらを活かした新しいビジネスを展開するのは、大企業でも大変なことです。
限られたリソース(人材・お金・時間・情報)で日々の業務に対応している中小企業は、言うまでもありません。

 

新しい技術を追い求めながら、足元を固める

「新規事業開発部」などが存在する大企業と異なり、中小企業は新しい技術を追い求めることだけにリソースを割くことは、なかなかできません。
とは言え、何もしなければ、会社は世の中の成長に着いていくことができません。

私はリソースの限られた中小企業にとって大切なことは、
「足元を固めつつ、新しい技術を追いかける」
ことだと感じています。

足元を固めるというのは、社内の数字を見える化して、データを活かす体制を整えることです。

 

数字を見える化し、改善する

例えば、これらの数字をいつでも把握できているでしょうか?
少なくとも先月末時点での、これらのデータはサッと出せるようにしておきたいものです。

  • 売上実績
  • 売上予算(目標)
  • 商談(受注金額、請求時期から売上予測を立てる)
  • 製造原価(製造業のみ)
  • 商品仕入
  • 給与(商品や顧客別の人件費算出に使う)
  • 勤務時間(商品や顧客別の人件費算出に使う)
  • 経費(商品や顧客別の人件費算出に使う)
  • 顧客リスト(顧客別売上、経費、利益)
  • 商品データ(商品別売上、経費、利益)

IoTやAIを活用するということは、これらのデータを活用するということです。
そもそもデータが蓄積できる仕組みがなければ、どんなに優秀なIoTやAIのシステムを取り入れたところで、その効果は発揮できません。

なお、PDCAサイクルで有名なデミング博士は、

「定義されていないものは管理できない。管理されていないものは測定できない。測定されていないものは改善できない」

と言っています。
まずは数字を取って、それを改善する仕組み(社内体制・運用ルール・システムなど)を構築することが重要です。

これらの数字をどのように取って、どのように活かすのか?は、この書籍が参考になります。
(私も関わらせていただいた本ですが、何かあるたびに参照しています)

 

IoT(センサー)データと、非IoTデータを融合させる

IoTというと最初に思いつくのが、工場の機械装置にセンサーを取り付けて、生産性を向上させようという取り組み。
最近の産業用ロボットには、最初からWiFiやEthernetなど、ネットにつなぐためのインターフェースが組み込まれていたり、データを蓄積し、外部に吐き出すソフトウェアも搭載されていることが多いです。
(当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、機械装置の分野ではインターフェースの標準化が、なかなか進んでいなかったのです。)

IoTを実現して、ひたすらに生産性を向上させたらどうなるでしょうか?
商談(案件情報)もないのに、いたずらに多く作り過ぎたら、製造原価が上がり、売れない在庫が残るだけです。
適切な商談情報(非IoTデータ)があるからこそ、その情報に応じて柔軟に生産量をコントロールすることに意味があるのです。

つまり商談(非IoTデータ)と、IoTデータを融合して分析・管理することに、新たな価値が生まれてきます。
もちろん、今まで取っていなかったデータが取れるようになるIoTデータ単体にも価値があります。
ただ、せっかくIoTデータを取れるようになったのなら、企業としては、非IoTデータとの融合は是非考えたいところ。
先に非IoTデータを取得してPDCAを回すようになることが、データの取扱いのリテラシーを上げることにもつながります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は終日、セミナーに参加です。
フォーカス・リーディング最終の3日目。
行ってきます~。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

「フォーカス・リーディング」で読書が変わってきた

インダストリー4.0とスマート・ファクトリー(工場)

関連記事

  1. 今こそIT屋は、戦略を求められている

    「攻めのIT」という言葉を経済産業省が使っています。日本は、欧米と比較すると、売上向上やビジ…

  2. 経営はマラソン

    おはようございます。渋屋です。今日は会計について、常識と考えられていることが本当に正しいのか…

  3. クラウド上のシステム、他のシステムと連携できる?

    こんばんは、渋屋です。一昨日から、クラウド上でシステムを稼動させるに当た…

  4. そろそろ中小企業診断士の働き方も変わるべきだと思う

    マラソンをはじめるキッカケを下さり、トライアスロンに導いてくださり、さらには、私が独立するの…

  5. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  6. こんな人に中小企業診断士を目指して欲しい

    中小企業診断士の試験は、他の士業と異なり、非常に範囲が広いのが特徴です。ビジネスパーソンにとって…

  7. 顧客要求という宝物と、変化する力

    フリーランス、あるいは起業家には、大きく2つのタイプがあると思います。今日はその2つのタイプと、…

  8. 人を引き寄せる人・企業に共通すること

    人を引き寄せる人っていますよね。企業にもそういう一面があるように感じています。&nbsp…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP