menu

自分はどこまで強くなりたいのだろう?【バラモンキング2017悶絶記4】

LINEで送る
Pocket

3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。

14時間28分の旅が終わった。
今回も様々な想いを抱き、自分という人間を知った。

過去の記事はこちら。

 

レースの振り返り

改めてレースを振り返ってみる。
スイムは多少、カラダが冷えたものの、ほぼ順調。
レッスンを受けてきたことの成果を感じられた。
自分だけでもがくより、プロに観てもらった方が、何事も確実。

バイク、何とか完走できて良かった。
あんな下らない理由でリタイアしていたら、4日間も遠征しておいて、家族に合わせる顔がなかった。
100kmまでは、多少成長を感じられたが、そこから失速。
まだまだバラモンで戦えるレベルには至っていないことを痛感しまくった。
なお、前半は押さえていたつもりだが、レース時の心拍数を見ると、さらに押さえても良いかもしれない。

ラン、半分以上は歩いた。
記録としては、過去3回で最低。
過去3回を通じて、しっかり走れたことがなく、まだまだ門前払いされているレベル。
まずはロングのランでも走れる練習をしてくること。
ただ、気持ちの上では、過去3回のなかで、最も余裕はあった。

第4・第5の競技と言われるトランジットと補給。
トランジットは、そもそもモノが揃っていて成り立つ。
バイクシューズを忘れているうちは競技にならない。
妖怪を追い払わないといけない。

補給は、過去3回のなかでは最も上手くいった。
ただ、実質本番での実験になってしまった。
日頃のトレーニング中から実験を繰り返して、完成された形を、今後は持ち込みたい。
ランに入ってから、必ずお腹を壊すので、その対策も必要。

 

自分はどこまで速く・強くなりたいのだろう?

これで一応、3年連続完走させてもらった。
とは言え、ここまで書いてきたように、毎回、薄氷を踏むギリギリのレベルで完走し続けている。
そろそろ、そういうギリギリ完走レベルからは脱却したい。

今回は、「仮に全てが上手くいけば13時間を切れるかも」のレベルにしか、仕上げられなかった。
そして、ロングでは全てが上手くいくなんてことはあり得ない。
つまり、そういうレベルには至ってなかった。
仮にバイクシューズを履き、膝を痛めていなかったとしても、今回の感覚ではランを4~4.5時間では走れなかったと思う。

本当に13時間を切る目標を掲げてスタート地点に立つのであれば、
多少のトラブルがあっても13時間を切れる実力を持ってこなければならない。
スイム・バイク・ラン、そして補給も、まだまだそのレベルに至っていないことが分かった。
(忘れ物はそれ以前の問題)

今回、走りながら考えた。
「いったい、自分はどこまで速く・強くなりたいのだろう?」

自分なりの結論は、タイムで表現されるものではなく、
そのレースで掲げた目標に向かって、こだわり続けられる強さ。
さらには、それを楽しむことのできる、精神的な土台なんだ。

今回のレース、早々に13時間切りの目標を諦めてしまった。
今思えば、ランでしっかり走れれば、巻き返せる可能性はゼロじゃなかった。
サクッと諦めたのは、確かに現実的ではあったかもしれないが、弱さが露呈しただけとも言える。

逆にチームの仲間と一緒にゴールすることは、一瞬たりとも諦めなかった。
(リタイアとの狭間に揺れたことは多々あれど)
だからトラブルがあっても、完走だけは逃さなかったし、それだけの練習はして来たつもり。
これからは、そのこだわりをより高い次元で実現させる。

私にとって、トライアスロンは人生の縮図のようなもの。
レースで出る自らの弱さは、それ以外の生活にも現れる。

練習をサボるなら、仕事もサボっている。
楽しめてないなら、人生も楽しめていない。
逆にトライアスロンが楽しめるなら、きっと人生はもっと楽しくなる。

レース翌日の夜、帰宅すると息子からの手紙が置いてあった。

息子から応援される父親になる。
そのためには、自分自身の人生を目一杯に楽しみ、挑戦し続けること。
そういう姿を見せることで、「大人って楽しそう」と将来に向けて希望を持ってもらうこと。

そんな理想に向けて、一歩近づいた気がした。

 

最後に

レース前の目標に掲げた通り、今回のレース、そして五島の4日間を存分に楽しむことができました。
年に1度の、大人の大運動会(笑)、そしてチームの仲間との合宿。
今年も、最高の思い出ができました。

4日間も家を空けて、息子の授業参観にも出られなかった自分勝手な父親・夫を応援してくれた家族、ありがとう。
レース前に送ってきてくれた動画、レース後の手紙、本当に心が温まったよ。

「ポセイ丼」の仲間。
みんなが居なかったら、独りじゃロングなんて完走できないし、練習にも身が入りません。
お互い切磋琢磨して、レース中はお互いを応援しつつ、でも負けたくないと思うから、ここまで続けられました。
今回、目標達成した人も、残念な結果だった人も、次を目指して、一緒に楽しみましょう。
引き続き、よろしくお願いします!

そして、バラモンキングを支えてくれる皆様、本当にありがとうございました。
出場するたびに五島が好きになり、あんなにレース中はつらいのに、また行きたくなります(笑)
人が温かく、食べ物が美味しくて、景色が綺麗。
レースがなくても、人にオススメしたい場所です。
素敵なレースを、ずっと続けて欲しいです。

長くなりましたが、バラモンキング2017の記事は、これにておしまい!!
ありがとうございました!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
マッサージに行くなど、膝の治療はしていますが、
今週はまだ運動はゼロです。
せめてストレッチをゆっくりとしたいのですが・・

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

ただ、完走を求めて・・【バラモンキング2017悶絶記3】

理念・哲学・パッションが経営の中心に

関連記事

  1. 負けない戦い、226.2km【バラモンキング2015完走記⑨】

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  2. 学問に王道なし、トライアスロンもビジネスも、石の目の考え方

    「学問に王道なし」とギリシャの数学者ユークリッドが言ったとか言わないとか。確かに学問を手っ取り早…

  3. 自分に、負けるな!! #685

    おはようございます。渋屋です。来月、インフィニティ・ベンチャーズ 小野さ…

  4. ランニングはチームで参加すると面白い

    週末にランニングチームの仲間達とリレーマラソンに出てきました。参加したイベントはこちらのエンタラ…

  5. ランニングで仕事の生産性を上げよう

    仕事の生産性を上げるためには、何をすれば良いでしょうか? ミーティングの目的とゴールを決める…

  6. 初トライアスロンレースまでに買ったもの

    昨年末にトライアスロンを始めると決めて、いよいよ今日、初レースとなる久米島トライアスロンです。…

  7. マラソンチャレンジから得たいモノ

    おはようございます。渋屋です。週末ということで、息抜きネタです。…

  8. 好タイムが狙える!?神奈川マラソン(ハーフ)

    神奈川マラソンに出てきました。このレースは私が初めて参加したハーフマラソンで、毎年出場、今日で5…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP