menu

レース準備〜スイムまでは順調に【バラモンキング2017悶絶記1】

LINEで送る
Pocket

3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に参加してきました。
「ロングディスタンスのレースには必ず何かが起こる」とか言われていますが、確かに何かが起きました。
おかげで苦しみ抜くレースになったのですが、順を追ってお伝えします。

一緒に参加したチームのメンバーはこちら。

 

レース準備は順調に見えた

午前3時過ぎ、同じ部屋全員の目覚まし(スマホ)が鳴る。
いよいよこの時が来た。

朝食を食べたり、着替えたりしつつ、4:30過ぎには選手を富江港に運ぶバスに搭乗。
5時過ぎにはスイムスタート地点である富江港に到着。
レース会場には、子どもたちが書いてくれた応援が並んでいて、島全体を挙げて私たちを応援してくれているのが分かる。
この温かい雰囲気が、五島に何度も脚を運ばせる。

天気は予報よりも早く回復している様子。
午前9時頃まで降り続ける予報だったが、バイクのセッティングをしていると自然に止んできた。

元帥以外、素人集団だったチーム「ポセイ丼」は、何戦ものレースを乗り越えて、経験を積んでいる。
バイクセッティングは早々に終了し、トイレ・ストレッチなどを済ませつつ歓談する。

「こんなに時間に余裕があるのは、初めてですね〜」

過去2回は慌ただしく準備をして、ギリギリにスイムのウォーミングアップに入ったのが不思議なほど。
この時点で大きなミスを犯していたことに、私はまだ気づいていない。

スイムスタート前、チームで円陣を組む。
3度目の正直を狙うザックを筆頭に、もちろん全員がそれぞれの完走を誓う。

私は13時間を切ることを目標に練習してきた。
ただ、レース本番になったら、大事なのはタイムよりも自分の身体との対話。
自分にとって高い巡航速度を長時間キープできるところを狙っていく。

 

スイムスタート、いつもと違う海

海に入ると、思ったより水が冷たい。
水温20℃とのことだったが、気温も同じ程度。
前日夜からの雨で、全体がひんやりしている様子。

そのためかスタート10分前になっても選手の多くが陸で待機していた。
バラモンキングは海に浮かんだ状態から始めるフローティングスタート。
さすがに10分を切ると覚悟を決めた選手たちがスタート地点に向かう。
私は前から3列目くらいをキープした。

バラモンの海コースは湾内にあるため、ほとんど波や潮の流れがない。
「まるでプールのようだ」と表現されることも。

ただ、この日の海は違った。
スタート地点で待っているだけで、選手全体が右から左に流されていく。
各選手が自分なりのポジションからのスタートを狙っているのだが、気づくと流れている。

その流れに気を取られているうちに、突然スタートの合図が。
私は慌ててガーミンのスタートボタンを押し、気合を入れ直して海に突っ込んだ。

スイムコース

 

波があるがマイペースで突き進む

バラモンキング(ロング)に参加する選手たちは、全体のレベルが高い。
スタンダードディスタンスのレースに比べると、明らかにレベルが異なる。
私はスタンダードでは平均的なレベルになるが、バラモンではいつも最低クラスになる。

そんなツワモノたちが周りにいるのと、穏やかな海も手伝って、大した水中バトルにはならない。
今回も1度か2度、隣にいた選手に殴られたくらいで、過去3回では最もトラブルがなかった。
脚を掴まれて攣ること(2015年)もなかったし、ゴーグルが取られること(2016年)もなかった。

ただ、スタート前に感じた海の違いは確かだった。
2番ブイを右に曲がって3番ブイに向かうと、突然、大きめの波を感じた。
去年は見えたはずの海の底も見えない。おそらく水が濁っている。

昨晩の雨と風で、明らかに海が変わっていた。
スタート前にバイク置き場からしか海を見ていなかったので、沖の方の変化に気づかなかったのだ。

当たり前だが、自然を舐めてはいけなかった。
スイムが苦手なザックは大丈夫だろうか?
とにかく乗り越えて欲しいと願う。

確かに波はあるが、このくらいの海なら経験済みだ。大丈夫。
タイムは落ちるかもしれないが、自分がやるべきことは変わらない。

今年はスイムのレッスンを受けてきた。
呼吸のときに腰が落ちてしまわないように。
そして、遠くの水をキャッチするように。
波や選手にぶつかるときにはキックを大きめに、
逆に静かなときにはキックはリズムを取るだけ。

3.8kmは確かに長いが無茶な距離ではない。
1周目、1.8kmが終わったときは34分台。
悪くない。波があることを考えれば、むしろ上出来。

2周目は2kmある。
最後のブイをまわったとき、Bタイプのスタート合図が聴こえてきた。
スタート地点に目をやると、集団が一斉にスタートしている。
Bタイプのスタートは8:10。
Aタイプは7:00スタートだったので、ここまでで1:10経過。
悪くない。急ぐ必要もない。

最後は無理しないように、身体に無理な負担をかけないように。
スイムアップして陸に上がった瞬間、急な負荷で脚を攣ることもあるので、慌てず慎重に。
だいたい1:12〜1:13くらいだった。
去年と比べて疲労も少ない。うん、順調。

無駄に慌てず、しっかりとシャワーを浴びる。
ロングの旅はまだ始まったばかり。
フレッシュな心で、最も難関なバイクを乗り越えるんだ。
一番練習してきたバイクで、バラモンキングを楽しみたい。

自分のバイクバックを手に取り、更衣室に向かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
身体は重いものの、思ったよりダメージはありません。
ただ、今回のレースで故障した膝が、まだ治りません。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

売ってないじゃないか

断固たる決意【バラモンキング2017悶絶記2】

関連記事

  1. チーム「ポセイ丼」のゆかいな仲間たち【バラモンキング2016完走…

    6月19日、五島長崎国際トライアスロン(通称:バラモンキング)に参加し、完走してきました。去年に…

  2. ランニングの位置づけを遠くから見つめ直す

    こんばんは。渋屋です。1月も末日になりました。今週は一度も走れな…

  3. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法②

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、つくばマラソンの振り返りを行います。スタートは…

  4. 3度目の五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に向けて

    昨日から長崎県、五島に来ています。年に1度の大運動会とも言える、五島長崎国際トライアスロン(バラ…

  5. もっとランニングを楽しむために

    今朝ランニングをしていたら、まだまだ桜がキレイでした。周りには、私のようにランニングしている…

  6. 東京八峰マウンテントレイル体験記と持参した装備&食料

    先日も書きましたが、初めてトレイルランニングのレースに出てきました。レースから1週間…

  7. 「いいレースだった」と笑顔でゴールするために

    「なぜマラソンやトライアスロンのような耐久系スポーツをするのか?」このところ、自問自答しているテ…

  8. 考えるだけで胸がキュッとするイベントがありますか?

    今週末から、3年目のトライアスロンシーズンが始まります。5月14日の横浜トライアスロン。6月…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP