menu

PDCAをまわせないものは成長できない

LINEで送る
Pocket

PDCAサイクルをまわせないものは、成長できないのだな。
ということを実感しています。

 

闇雲に頑張っても成長は感じられない

明日は横浜トライアスロンに参加する予定です。
3年目となるシーズンの始まり。
去年までの圧倒的な弱点であるバイクを克服するために、とりあえず練習量だけは増やしました。

昨シーズンの練習時間(分)はこんな感じでした。
赤がバイクです。

2015年は6月の五島が終わった後、ほとんど乗らなくなり、ついに10月はゼロ。
そのまま2016年4月まで低迷を続けて、5月になって思い出したように乗り出した。そんな感じです。
ランはサブ3.5を狙って練習したので、それなりに走っていますが、これじゃあ弱点のバイクが克服されるわけがありません。

今シーズンに向けての変化はこうなりました。

右端の今月はまだ途中なので少ないですが、バイクの練習量は1年を通じて増えているのが分かります。
縦軸の上限が1,750分(30時間弱)から2,000分(33時間強)に変わっているのもポイントです。

で、これだけ増やしたなら、さぞかし成長を感じていることでしょう!
と言いたいところなのですが、全く成長を感じていないのです。
どうやら頑張り方に問題があったようです。

 

成長に必要な定点観測・指導者

実は大して増えていないスイムの方が、ここ最近で成長を感じています。
3月から2週に1度習い始めたからです。
決して速くはなっていないのですが、今までと同じスピードをラクに泳げるようになりました。

では、スイムとバイクの違いは何なのでしょうか?

答えは2つあります。
1つ目は定点観測する場の有無です。
スイムはタイムを測るのが容易な競技です。

私の場合、ドリルをやった後に100メートルを2分10秒サークルでまわすのがメインの練習です。
ここで1分42~45秒くらいで泳いでくるのですが、そのときの疲労感が軽くなったり、
複数本数やったときのタイムの落ち方がゆるくなりました。
ダレてくると1分50秒より遅くなるのですが、今は8本くらい泳いでも、そこまで落ちません。

バイクの場合は、都度環境が変わります。
信号の有無、走るコース、自動車の混雑度、アップダウンの違い・・etc
タイムが測りにくいので、自分の成長が分からないのです。

もう1つの理由はスイムにはコーチが居て、バイクには居ないことです。
去年のシーズン終了後から、ずっとバイクを定期的に指導してくれる人を探していましたが、適当な練習のままシーズンを迎えてしまいました。
何事も成長するなら、指導者は必要です。

 

PDCAをまわすときに必要なこと

一言で言えば、バイクはPDCAサイクルをまわせるところまで持っていけなかったのです。
単に練習量を増やしただけですから、成長を感じられるわけがないのです。

PDCAサイクルを提唱したデミング博士は言いました。

「定義されていないものは管理できない。管理されていないものは測定できない。測定されていないものは改善できない」

未知の領域で成長するためには、何をすれば良いのか?を定義しなければなりません。
そして管理して、測定するのです。

しかし私のバイクの場合、フォームやトレーニング方法すっ飛ばして、乗った時間と距離だけを管理・測定してしまいました。
その結果、量だけが改善(増加)しました。
闇雲にバイクに乗っただけですから、かえって悪い癖がついてしまったかもしれません。
で、振り返ってみると成長を実感できないまま、自信を持てないまま、本番を迎えることになったのです。

正しくPDCAをまわせないものは、成長できないんだな、ということを実感した1件でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
とは言え、明日のレースは存分に楽しんできたいと思います!
去年10月、東扇島の自分を超えられるか?

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

目標を共有できる仲間と場を持つ

新事業を立ち上げるときに一番大事なこと

関連記事

  1. 機嫌の悪い上司は、インフルエンザより迷惑だ

    「己の欲せざる所は人に施す勿(なか)れ」と孔子は言いました。多くの日本人が幼い頃に習う考え方でし…

  2. 質から量へ、そしてさらに質を高める

    何かを習得するには、まずはしっかりと教えを請うことが大事だと考えています。以前にある方が「バ…

  3. フリーランスのお金は、先払い・事前入金が良いかもしれない

    先日、事業で使っているクレジットカードを変えました。お金の管理方法を変えた方が良いと感じたからで…

  4. SWOT分析の使い方

    以前に、SWOT分析は使うのが難しいということを書きました。ブレインストーミングのような…

  5. 初トライアスロン体験記:久米島トライアスロンの特長

    初めてのトライアスロン挑戦となった沖縄・久米島トライアスロン。(スイム:2km、バイク:66km…

  6. ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

    こんにちは。渋屋です。会計ネタが続いていましたので、今日は少し違うネタを。このところ、何…

  7. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法①

    こんにちは。渋屋です。昨日はつくばマラソンに参加してきました。つくば大学周辺は、紅葉が進んで…

  8. コスト高な日本人

    こんばんは、渋屋です。今日は日本でビジネスをするのは、コスト高になりやすいことについて書きま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP