menu

いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

LINEで送る
Pocket

この時期、お客さんとミーティングしていると
年内の休みはいつからか?という話に良くなります。


もちろん、フリーランスに決められた休みなどありません。
決めるのは自分ですから。

私もプライベートの予定で平日を休みにすることがあります。
今月にも丸3日か4日、そんな日がありました。
家族の病院付き添いだったので、楽しい予定ではなかったのですが。

平日でも他者に気を遣うことなく休める。
フリーランスで良かったと思う、
自由を噛み締めたり、若干の優越感を感じる瞬間です。


会社員の人からは「自由で良いですね~」と言われることがあります。
そんなとき、

「あんた達は有給休暇があるんだから、もっと良いじゃん」

と思います。
まぁ、有給休暇の権利があっても、
それを自由に使えない人が多いということなのでしょう。

ただ、ひとりビジネスの多くは、
働くのを止めたら収入がなくなるんです。

自由に休めるけど収入が止まる道を選ぶか?
権利はあるけど使うのに苦労する道を選ぶか?

究極の選択かもしれません。


会社員の苦労(権利行使が事実上難しい)は
周りに関係する環境なので、改善が難しい一方で、

ひとりビジネスが休んだときに収入が止まる苦労は
改善することができます。

「コンサルタントやコーチ、講師といった仕事は、
 自分の身体が動かせる時間しか稼ぐことができない。」

その思い込みを破壊することができたら?

本を出版すれば、自分が動かなくても印税が入ってきます。
(売る方法を別途検討する必要があるのはさておき)

コンテンツを販売すれば、
自分が動けないときにも売上が上がります。

ブログを書けば、
自分が動けないときに広告やアフィリエイトの収入が入ります。

私自身、(本当に)微々たるものですが、
こうした不労所得?があります。

いつまでも身体や頭がフル稼働するわけではないからこそ、
こういう別の稼ぎの種を作っておくことが、
将来の安心につながるのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

【私の履歴書】思った通りのキャリアにはならない(転職後:エンジニア時代)

ブログを書けば仕事が来る・・とは限らない

関連記事

  1. 会社の創業期における課題

    会社が生まれ、徐々に成長し、成熟していきます。組織は生まれてから、それぞれのステージで典型的な課…

  2. あなたの顧客はどこにいるのか?

    昨日のセミナーでお話ししたことの中で、最もお伝えしたかったこと。■「顧客は誰か?」…

  3. 起業筋のことを考える #534

    こんばんは。渋屋です。今日はまず、息子を空手に連れていき、帰る前に選挙へ…

  4. 起業ワークショップを行います #382

    こんばんは。渋屋です。昨日は、週末起業について学ぶ、週末起業大學に初参加しました。これは全6回の講義…

  5. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  6. コンサルタントに必要な道具

    どんな職業にも、大切にする道具があると思います。大工のように分かりやすい道具がある人もあれば…

  7. セミナー主催の段取り【実施、セミナー後】

    これまでセミナーを主催するときの段取りについて書いてきました。3回目の今回で締めくくりです。…

  8. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP