menu

活動基地を持つとラクになる

フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、
「活動基地」があるとラクになります。


ここでの活動基地とは3つの意味があります。

1つは作業場所としての活動基地。
机や電気、あるいは本棚やホワイトボードなどがあるかもしれません。
自分ひとりで作業するだけでなく、セミナーに使うのも良いですね。

この作業場所としての活動基地なら、
自宅(自分の部屋が確保できる場合)でも十分です。
そうでない場合は、外にオフィスを借りるのも良いでしょう。

私の場合、自宅のスペースにまだゆとりがありますので、
セミナーはできませんが、作業場所としては十分です。


もう1つは情報交流の拠点としての活動基地です。

私は、ある仕事を活動基地として使っていたことがあります。
ただその仕事が夏に終わってしまい、
活動が自分ひとりに閉じてしまいがちになっていました。

ひとりで仕事をすると言っても、
刺激をもらえる仲間との交流場所を確保しておくと、
安定してパフォーマンスを発揮できるようになります。

少し前から別の仕事がこの活動基地となり、
また情報交流ができるようになりました。


最期の意味は、安定収入としての活動基地です。

上述の仕事は単価はさほど高くありませんが、
自分の空いた時間に上手くスケジュール調整することができます。

つまりポッカリと空いてしまった時間に収入を補足できる上に、
情報交流ができるのです。

これによってある意味、収入とモチベーションの土台(最低限のライン)を
キープすることができるようになりました。

この活動基地にぶら下がるのではなく、
自分の存在価値をしっかりと発揮して貢献していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

【私の履歴書】思った通りのキャリアにはならない(転職後:エンジニア時代)

関連記事

  1. 【独立のリアル】独立するときに事務所は必要ですか?

    独立について尋ねられるときに良くある質問です。「事務所はどうしていますか?」私自身は現在…

  2. 戦略レベルとオペレーションレベル

    中小企業診断士の2次試験を受けたことのある方は、・戦略レベルの助言・オペレーションレベル…

  3. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  4. 売上目標は必要だった

    これまで、フリーランスとしての私の売上目標は、固定費をベースに算出した、「生きて行くための必要最低限…

  5. フリーランスの自由を、ちょっぴり謳歌しました

    フリーランスというと、自由に働いているイメージがありますよね。特に会社員で、身のまわりにフリーラ…

  6. ブログが1,900日を超えました

    5年以上前から書いている本ブログが1,900日更新を超えました。http://biz-i…

  7. 短期の収益確保と長期の戦略

    今日は朝からダイレクトレスポンスマーケティングの専門家である中村さんとミーティング。渋谷 エクセ…

  8. 独立するのに自分のメディアがないのは致命的

    先日、お会いした方が仰っていました。「士業は情報発信してくれないから、仕事をお願いしにくい」…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP