menu

世間が休みのときにどう過ごしたか

フリーランスの働き方は自由です。
GWのように大型連休のときほど、
その働き方に差が出るのではないでしょうか。


「カレンダーなんか関係ない!」と
バリバリ働き続ける人がいます。
(私の周りにも何人かいます)

一方、会社員と同様に、
大型連休をしっかりと休む人もいます。

私の周りを見る限りは、大きく2つのタイプが居るようです

1つは基本は休みとしつつも、
落ち着いて仕事のできるタイミングで、
少し仕事を入れている人。

もう1つは、ここぞとばかりに執筆などの
個人仕事を入れていた人。


フリーランスの働き方に正解はありません。

私自身、子どもが小さいうちは、
何よりも家族のスケジュールを最優先しています。
(そのために独立した一面もありますから)

ですから今年のGWも基本はOFF。
空き時間や夜に少し仕事を進めたり、
本を読んだ程度です。

でも、子どもが大きくなったら、
ガッツリと仕事を入れるかもしれませんし、
あるいは、そうしないかもしれません。

その頃には仕事の中身も変わっているでしょうし。


自分にとってのベストは、自分にしか分かりません。

仕事、家庭、趣味など、
様々なパラメーターが変化するなか、
常にベストも変化します。

GWとかお盆・正月とか、
世間が大きく変化するときには、
必ずそのベストを探すことが求められます。

最も怖いのは、顧客が休みだから自分も休むとか、
他者に意思決定を依存してしまうことです。

今回のGWを振り返りつつ、次のイベントのときには、
働き方の主導権をしっかりと握りたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

テクノロジーを軽視する経営に明日はない

経営者にすべきは「売れる人」なのか?

関連記事

  1. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  2. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  3. 顧客の顧客のそのまた顧客にとっての価値とは?

    対企業にコンサルティングを行なう場合、気をつけるポイントがあります。■顧客の顧客、あ…

  4. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

  5. 今日からが新たなスタート

    昨日はフル稼働の1日でした。朝から晩まで、あるイベントの運営。■IT関連企業、製造業…

  6. 集団の同調圧力に負けない

    連休中に改めて痛感した出来事がありました。■私は集団行動に向いていないのだな、と。…

  7. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  8. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP