menu

気づいてもらうのに必要なこと

LINEで送る
Pocket

「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)


顧客の成果にフォーカスするからこそ、
最低限のことだけを教えて、むしろ顧客自身が気づくように促す。

私はそんなスタイルを目指しています。

そして教えないからと言って、
コンサルタントが学ばなくて良いわけではなく、

絶妙なサジ加減で教えるからこそ、
その分野を徹底的に学ぶ必要がある。

そんなことをお伝えしてきました。


ここでやっと本題ですが、
では、どうすれば顧客自身が気づくようになるのか?

私の現段階における答えは、「適切な問い」と「傾聴」です。

例えば、明らかに行動することに対する
マインドブロックがかかっている人に対して、

「マインドブロックかかっていますね」

と言ったところで、それを外せるわけがありません。

行動することのメリットをとうとうと伝えたところで、
本人にマインドブロックがかかっている意識がなければ、

「そうそう。行動した方が良いですよね!」
(でも実際には行動できません。
 無意識にマインドブロックかかっているから)

という状態になってしまいます。

そんなとき、私は例えばこんな問いをします。

「今、自分の内面に行動を制限する(別人格の)自分が居るとしたら、
 どんな理由で制限していると感じますか?」

「行動しようとするとき、どんな身体感覚を覚えますか?」


ただ、この問いを投げかけるだけでは、簡単に問題は解決しません。

特に自分の内面に対する問いかけに不慣れな人の場合、
内観をサポートする必要があるからです。

そのサポートが、相手とエネルギー(性格には呼吸かも)を合わせる傾聴です。
世の中一般に言われている傾聴とは、かなり異なるでしょう。
ただ問うだけよりも、確実に成果を感じています。

残念なことに、まだまだ訓練が足りていないので、
上手くエネルギーが合ったときにしか高い成果を出せないのですが。
(合わせやすい人と、合わせにくい人がいるようです。)

少なくとも多くの方から「安心して話せる」という感想を
いただいています。

「問い」と「傾聴」、それにプラスして「実践的な知識・経験」。
これが私の今目指しているコンサルティングのスタイルです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

売れる商品の特長とは?

【私の履歴書】キャリアの遍歴(〜新卒入社まで)

関連記事

  1. 「国」という見えないものに頼り過ぎるリスク

    先日、士業が集まる場に参加する機会がありました。■ちょっとした研修の場でしたので、あ…

  2. 現場に埋もれることで得られること

    「コンサルタント」を毛嫌いする社長の主張は、「コンサルタントは現場で役立たない」とい…

  3. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  4. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  5. 中小企業診断士(士業)の仕事分類

    中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると多様性が著しく高いのではないか?と思います。独…

  6. コンサルティングの「型」を持つ

    何事にも、最初にチャレンジするときには「型」を身につける必要があります。■ランニング…

  7. 情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

    私たち士業は、情報発信をするときに、ついつい専門分野について書いてしまいます。■もち…

  8. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP