menu

なぜキャンペーンを行うのか

LINEで送る
Pocket

世の中、常に色々なキャンペーンが溢れています。
私自身、キャンペーンを行うこともあります。


なぜキャンペーンがこんなに多いのか、疑問に思ったことはありませんか?

私は自分が買い手でしかなかった頃、
完全に「売り手の都合」で
キャンペーンを行っているのだと思い込んでいました。

期限を設けることによって、最後の背中を押す
(お申し込みしてもらう)

もちろん、あと一歩を踏み出せない顧客のためでもあるのでしょう。
ただ、私は一顧客として、
「売るためにキャンペーンをしている」と理解していたのです。


しかし、自分が買い手だけでなく売り手にもなった今、
「キャンペーンをやる理由はそれだけではない」
ことも分かってきました。

人的リソースの限られた小さな会社、ひとりビジネスの場合、
売ることにも、売った後にも、
貴重なリソース(=時間)が必要になります。

人間ですから、売ることに力を入れながら、
売った後のフォローにも力を入れることは困難です。


売るときはキャンペーンを使って集中します。
売った後は、ご購入いただいた顧客に
集中してサービスを提供するのです。

私の場合、売った後のサービスを、
最初のオファーより多くすることがあります。

これまでの例で言えば、
30分間のWebコンサルティングや
メールサポートを後から追加したことがあります。

その方が成果が上がると思ったからです。

こうやって売るときとフォローするとき、
どちらも力を入れるために、
キャンペーンでメリハリをつけているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

新年のごあいさつとこれからの抱負

今年はビジョン達成に向けて、しっかりと動き出す年

関連記事

  1. 真の課題を抽出するまでが勝負

    コンサルティングをする上で、一番注意するところはどこでしょうか?■私は真の課題を抽出…

  2. 考えるよりも、感じること

    私は何か新しいことを身につけるときに大切にしている方法があります。■最初は考えて身に…

  3. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  4. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  5. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  6. 軸となる価格を決める

    稲盛和夫さんが仰られている通り、値決めは経営の肝です。■私たちのように目に見えない…

  7. 案件を作る仕組みづくり

    1年半ほど支援しているお客様ですが、恐ろしい勢いで案件数が増え、売上が3倍くらいになってきました…

  8. 世の中の「歪み」を体験する

    一昨日・昨日と合宿に行っていました。皆さん仕事があるので、抜けたり入ったりでしたが、常に6〜…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP