menu

私が経営者に必ず望んでいること

先日、3回のコンサルティングを終えて、5月からも継続をご要望いただいているお客様から、ご感想を頂きました。

押し付けでなく、選択権はすべて私にある、ことが分かるように確認しながら進めてくれたこと。
〜(中略)〜
個人のレベルに合わせた説明、指導をしてくださったので大いに助かりました。他では、こうはいかないと思います。
教えておしまいでなく、考えることは依頼者に任せ、自主性を持たせてくれたので依存的にならなかった。

(須藤 様)

(長文でいただいたので、一部の抜粋です。)

須藤様、3回コンサルティング、ありがとうございました!
短期間で一気に3回行いましたので、大変だったと思います。
起業直後の今が一番大変な時期ですが、既に経験・実績をお持ちですので、順調に事業成長できることと思います!

ご感想に、私が日頃から意識していることを書いていただいたので、今日の記事とします。

 

私がコンサルティングで「押し付け」しない理由

私は日頃、IT企業経営者や、士業・コンサルタント(の卵)を中心に、経営支援をしています。
そのコンサルティングの間、「これをやりなさい」的な押し付けはしません。
理由は大きく2つあります。

1つは、その事業のことを誰よりも知っているのは、顧客だからです。
私はその状況を顧客である社長たちから聴いているに過ぎません。
市場のことも顧客のことも、そして競合のことも、私より顧客の方が良く知っています。

もちろん、第3者の立場として、その業界のことを知ろうとする努力はしますが、
特に中小企業の場合、業界市場全体の動きよりも、目の前の顧客数社(者)から受ける影響が大きいのです。
そんなときに「知ったかぶり」をして迷惑をかけるわけにはいきません。

2つ目は、「これをやりなさい」と言っても、普通はやらないからです。
何もやらず、成果が出ないと分かっているので、その方法を取りません。

 

独立・起業したのは何のためか?

なぜやらないのか?答えは簡単です。

私自身、「こうやれ!」と言われても、そう簡単にできないのです。
もちろん、尊敬する先輩・メンターから言われたことは、できる限り実践しようとしています。
でも、そう簡単にできないのは、スキルが足りないという話ではなく、気持ちの問題です。

そもそも、自ら独立・起業するような人は、他人の指図を受けたくないのです。
自分がやりたいことを、自分の意思でやるために、リスクを取って会社員を辞めたのです。
だから他人にどうこう言われて、頭では分かっていたとしても、行動が追いつかないのです。

人間は最終的には自分自身で「やりたい」と思ったことしかできません。
だから、私がやっているのは選択肢の案を提示することのみ。
色々な案を顧客と一緒に検討し、最終的に顧客自身に決めていただくようにしています。
私が提示する案は、思索してもらうための触媒でしかありませんし、それで良いのです。

 

経営者に必ず期待していること

私がコンサルティングする上で、顧客である経営者(フリーランス含む)に必ず期待していることがあります。
それは自主性を持つことです。

いつだったかコンサルティング中、顧客である社長から「で、どうしたら良いですか?」と聴かれたことがあります。
絶句したとともに、落胆したことを覚えています。
このとき以来、私はもっと経営者に期待していることを全面に出すようにしました。

もっと自分自身の会社・事業に対する自主性を持って欲しい。

社員や顧客から見たときに、その会社や事業に対して、一番情熱や責任を持っていて欲しいのは、当然、経営者です。
その経営者が意思決定を他者に委ねていると知ったら、社員や顧客は残念ではないでしょうか。

それに独立・起業した理由は、人から指図されず、やりたいことをやるため。
中小企業の社長は、一般的に株主にどうこう言われることもありません。
だったら、自分がやりたいことを突き進んで欲しいのです。

この会社・事業は自分のものだ。
そういう強い気概を持って頂きたいですし、
私のコンサルティングは、それを最大限尊重して行っています。

言われた通りにやるだけの経営者には、全く役に立たないコンサルティングです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
iPhoneが電池のロット不良に当っていたので、お店で電池交換。
一度工場出荷状態に戻るので、バックアップから戻したのですが、
なぜか空き容量がかなり増えました。
年に1度くらい、初期化した方が良いのかもしれません。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

企業におけるデータ活用の段階とIoTの関係

ゴールデンウィークまでに乗り越えておきたい1次試験対策

関連記事

  1. 役員教育と社員教育を成功させるための肝

    私のやっている仕事の約半分は「教育」なのだ、と考えています。社長の話を徹底的に聴き、何をやり…

  2. 勝負は目に見えないところで決まっている

    このところ、「目に見えないことを見る」のが私のテーマになっています。「見てい…

  3. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  4. 時間でしか部下を管理できないなんて、自ら無能を晒しているのだ

    「残業100時間」のニュースが議論を生んでいますね。この議論自体は次に進むための大事なステップだ…

  5. 根深い職場の人間関係と、その問題

    例の事件によって、残業や過労問題に再び注目が集まっています。事件の詳細は、読むのに耐えられません…

  6. 迷ったときには顧客に戻る

    昨晩、独立・起業を目指されている方とSkypeでミーティングをしました。そのなかで気づいたことを…

  7. 「忍耐力」を身につけるだけで、差別化できる

    「う~ん、う~ん・・」息子が唸っていました。算数の問題を解き始めてから、まだ10秒くらいしか…

  8. 情報発信はオマケの業務ではない(ある組織の凋落を見て)

    以前、顧客として利用させていただいたことのある、とある会社があります。この会社、とても良いサービ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP