menu

ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

LINEで送る
Pocket

昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。
ロボットと競えますか
労働者の不安を煽ろうとする意図なのでしょうか?
分かりませんが、私はロボットや人工知能(AI)は競うものではなく、利用するものだと考えています。

 

パソコンやスマートフォンと競っていますか?

今、私たちは日々、パソコンやスマートフォンを活用しています。
それによって仕事を効率化したり、プライベートを楽しくしたりしています。

それ以前にも電卓が登場した当初なども、それを恐れる論調があったそうです。
でも私たちは、それを上手く活用してきました。

ロボットや人工知能(AI)も同じです。
私たちは、それを無駄に恐れるのではなく、上手く活用すれば良いのだと思います。
恐れるのではく、ちゃんと考えることの重要性は、こちらの本がオススメです。

 

消える職業は確かにある

一方で、消える職業は確かにあるでしょう。
私が子どもの頃、駅の改札では切符を切る係員が鎮座していました。
もっと幼い頃、どこかに旅行に行ったとき、電話交換手と会話した記憶がかすかに残っています。

これらの仕事は自動改札機の登場や、交換機の発展により消えました。
ただ、私たちはこれらの仕事の復活を望んでいるでしょうか?
SUICAもPASMOも使えず、行列ができることは明らかです。

歴史的なノスタルジーを持つ人は居るかもしれませんが。
既に切符は電子化され、切符を切るという行為そのものに意味がなくなっています。
現在、駅員さんは、もっと付加価値の高い仕事にシフトしたことでしょう。

 

新しい仕事にシフトする

同じように、消えた当時は残念がった人は居たとしても、
しばらくして振り返ってみれば、「機械・システムがやってくれて楽になった」と思うことが大半でしょう。
ですから私たちは、指をくわえて消える職業を営み続けるのではなく、新しい仕事にシフトする準備をした方が良いと思います。

特に経営者は、従業員のスキル・キャリアチェンジに対してアンテナを張り、
積極的に新しい仕事へのシフトを促す必要があります。

ここでアンテナを張るためにも、ロボットや人工知能は何ができるのか?を知る必要があります。
これらをしっかり活用できるようにすることが、次の職業像を明らかにすることにつながるからです。

中身を知らないまま無駄に恐れるのではなく、
積極的に知ろうとすることで、
自ら未来を切り開いていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
週末トレーニングのせいか、身体がとっても重いです。。
今晩はプールが良さそうです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

自分の意志の力に頼るから失敗する

第一線で活躍している「本物」に会っていますか?

関連記事

  1. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  2. IT業界で洗練・蓄積されてきたノウハウは、もっと他業界に売れる

    IT業界は、その中にずっと居ると気づきにくいのですが、良いノウハウが多々あります。業界としての歴…

  3. 業界構造を破壊する、もう1つのクラウド #700

    おはようございます。渋屋です。■IT業界の構造を破壊する、もう1つのクラウド…

  4. ITエンジニアの経験価値を最大化する

    私はかつて、ITエンジニアを12年間やっていました。その後、商品企画・マーケティングを4年間やり…

  5. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。私が主に支援し…

  6. 創業期・新規事業とシステムの関係を考える

    会社の創業期、あるいは新規事業の立ち上げ時期、今の時代だと何らかのシステムが必要になることが多々…

  7. エンジニアを工数と見る会社は崩壊していく

    おはようございます。渋屋です。IT業界に長年居て、いくつか納得できない文化があります。そ…

  8. 中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

    中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP