menu

分解できれば成長できる

昨日、経営は100アスロン(100種競技)だとお伝えしました。


「経営」は本当に様々な種目から成り立つ総合格闘技です。
しかも終わりのない、耐久系・総合格闘技とも言えそうです。

ただ、そんな総合格闘技を「総合」のまま見ていると、
何を改善したり、学んだりすれば良いのか、分からなくなってしまいます。

私が経営は100アスロンだと書いたのは、

「1つ1つに分解できれば、改善したり学んだりできる」

と思うからです。


例えば、中小企業診断士の1次試験は7科目から構成されています。

・企業経営理論
・財務・会計
・運営管理
・経営情報システム
・経済学・経済政策
・経営法務
・中小企業経営・政策

さらに科目の中身を分解していくと、企業経営理論については、

・戦略論
・組織・人事
・マーケティング

の3つから構成されています。

※全て記憶で書いたので、細かな表記の違いは
 ご了承下さい。


こうやって分解していくと、
1つ1つ、専門家が存在するほどの分野であることに気付きます。

だから、丁寧に1つずつ経験したり学ぶ必要があるのですが、

あくまでも1つを極めるのが目的ではなく、
総合格闘技で勝つことが目的である。

という事実を、絶対に忘れてならないのです。

それを忘れて、会計のことだけを掘り下げたり、
情報システム(IT)に夢中になったりしてはいけないのです。

少なくとも経営という総合格闘技のコンサルタントとしては。

仮に特定分野の専門家として活動するにしても、
顧客はその分野だけで対応してくれるのではなく、
総合力に支援することを求めています。

それを常に忘れないようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

私が最初のヒアリングでSWOT分析をしない理由

「複業」によって得られる社員・企業それぞれのメリット

関連記事

  1. レベルが高い人ほど、さらに学んでいる事実

    レベルが高い人は、本当に良く学んでいると感じます。■セミナーに行ったり、コンサルティング…

  2. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  3. セミナーを成功させるコツ

    昨日のメルマガでは、独立を目指すなら、セミナーを始めてみよう、と提案しました。■…

  4. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  5. 自分の強みは本当に分からない

    もう何度も何度も書いているネタですが。■本当に自分の強みが何か?は、自分では分かりま…

  6. 仕事分類ごとのメリット・デメリット

    昨日、仕事の分類をご紹介しました。今日はその分類ごとのメリット・デメリットを挙げてみます。…

  7. 相談できる仲間はいますか?

    独立・起業するには、相談できる仲間が必要です。既に先輩が世の中に居るのに、全てを手探りで…

  8. ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!

    昨日のメルマガ『ライバルを増やして大丈夫なんですか?』を送付した後、読者の皆さまから続々とご意見…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP