menu

分解できれば成長できる

LINEで送る
Pocket

昨日、経営は100アスロン(100種競技)だとお伝えしました。


「経営」は本当に様々な種目から成り立つ総合格闘技です。
しかも終わりのない、耐久系・総合格闘技とも言えそうです。

ただ、そんな総合格闘技を「総合」のまま見ていると、
何を改善したり、学んだりすれば良いのか、分からなくなってしまいます。

私が経営は100アスロンだと書いたのは、

「1つ1つに分解できれば、改善したり学んだりできる」

と思うからです。


例えば、中小企業診断士の1次試験は7科目から構成されています。

・企業経営理論
・財務・会計
・運営管理
・経営情報システム
・経済学・経済政策
・経営法務
・中小企業経営・政策

さらに科目の中身を分解していくと、企業経営理論については、

・戦略論
・組織・人事
・マーケティング

の3つから構成されています。

※全て記憶で書いたので、細かな表記の違いは
 ご了承下さい。


こうやって分解していくと、
1つ1つ、専門家が存在するほどの分野であることに気付きます。

だから、丁寧に1つずつ経験したり学ぶ必要があるのですが、

あくまでも1つを極めるのが目的ではなく、
総合格闘技で勝つことが目的である。

という事実を、絶対に忘れてならないのです。

それを忘れて、会計のことだけを掘り下げたり、
情報システム(IT)に夢中になったりしてはいけないのです。

少なくとも経営という総合格闘技のコンサルタントとしては。

仮に特定分野の専門家として活動するにしても、
顧客はその分野だけで対応してくれるのではなく、
総合力に支援することを求めています。

それを常に忘れないようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

私が最初のヒアリングでSWOT分析をしない理由

「複業」によって得られる社員・企業それぞれのメリット

関連記事

  1. 結局、自分は何をしたいのだろう?

    ひとりビジネスを始めて以来、「自分は何をしたいのだろう?」と悩むことが多くなりました…

  2. 先に価値を届けまくる

    事業を始めたばかりの頃は、あまり仕事が多くありません。どちらかと言えば、時間を持て余…

  3. 独立直後の目的はお金でも良い

    「独立したい」と思ったとき、その理由は何でしたか?■私の場合は、「全部自分でやり…

  4. 独立して、いくらの売上が必要ですか?

    あなたは、毎月いくらの売上が必要ですか?■セミナーやコンサルティングのときなど、この…

  5. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  6. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  7. ラクをするためにもフォームを磨く

    「コンサルティングに集中できたら もっとラクになるのになぁ~」と思ったことが、過去100…

  8. エネルギー枯渇問題

    コンサルティングを続けて、顧客層がより良くなってくるとともにある問題(!?)が発生してきます…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP