menu

社長が積極的に卒業する時代

LINEで送る
Pocket

このところ、社長が会社を卒業するケースを何件も見ました。


どのケースにも共通しているのは、

・創業社長が卒業している
・会社は順調に成長している(経済的にも、組織的にも)
・社長が働き盛り(多くは40代)

です。

自分が手塩にかけて育ててきた会社を辞めるというのは、
どういうことなのでしょうか?


卒業する社長達が言うのは、

・新しいことをやりたい
・個人としての力を試したい

というようなことでした。

組織が成長してくると、どうしても現状の仕事を定常的に
処理する部分が出てきてしまいます。

人数の増えた組織を食わすには、
ある程度、致し方ないことなのかもしれません。

また、社長としてのマネジメント負担が重くなってしまい、
個人としての力をもっと試したいという思いが募ったケースもありました。


これらのケースの共通点は、

「社長と会社のアイデンティティが別物として扱われている」点です。

かつては「創業社長の人生=会社」でした。

しかし、会社の成長につれて、
社長自身と会社のアイデンティティを分けて考えられているところが、
卒業する社長の特徴のようです。

だからこそ、自分がスムーズに卒業できるよう、
次の社長を早くから育成できているのでしょう。

少なくとも外部から見ている限りでは、
社長の引き継ぎも滞りなく行われています。

世の中の流れが早くなっているように、
中小企業であっても社長の交代は増えるのではないでしょうか。

とするならば、私たち経営を支援するものは、
引き継ぎを視野に入れておく必要がありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

会社の忘年会からは昭和感しか感じない

知識の総量よりも、社会との接点の総和

関連記事

  1. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  2. 自分で仕事を獲得する、たった1つの方法

    独立を検討している方とお会いすると、ほぼ100%聞かれること。「どうやって仕事を獲得して…

  3. 強烈に時間が足りない

    このところ、強烈に時間が足りません。■やりたいと思っている仕事が終わらない。家族との…

  4. 年金受給者(年金診断士)とは一緒になりません

    「年金診断士」と呼ばれる人たちがいます。■企業を定年まで勤めた後、中小企業診断士の資…

  5. 士業を活用する人、使われてしまう人

    士業として独立すると、多くの人が何らかの伝手(つて)をたどって仕事を獲得します。■…

  6. 情報発信で得られるもの

    独立している者として、情報発信をし続けてきたことによって得られるものの価値は、計り知れません…

  7. 独立前にやっておいて良かったこと

    会社員の頃から、少しずつ経験しておいて良かったと思っていることがあります。自分で主催する…

  8. ブログが1,900日を超えました

    5年以上前から書いている本ブログが1,900日更新を超えました。http://biz-i…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP