menu

電話を止めたらどうなるか?

私は基本的に仕事で電話を使いません。
FAXも使いません。


「電話は丁寧」
「メールは電話より失礼」

という文化が、未だに残っているのでしょうか。

どんなときにも、まずは電話で連絡してくる人が
一定数、残っているように感じます。

私の感覚では、民間の方より、公的機関の方に、
そのような傾向が強いように感じます。

あと金融機関の方。
こちらはメールを禁止されていることが多いからだと思います。


何れにせよ、昔からある文化を
ただ鵜呑みにすれば良いわけではありません。

本当に電話は最適な手段でしょうか?

私は自分が電話をかけることも、
かけてこられることも、好きではありません。

相手の何らかの価値ある時間を
邪魔してしまうかもしれませんし、
その逆もあるからです。

そういう理由で電話が好きではないので、
待ち合わせ場所でお互いを見つけるときとか、

電話することが分かっているシチュエーションでは、
全く抵抗がありません。
時間を遮らないですから。


このように相手に対して、どのような連絡手段を使うのか?は、
相手のことを慮ることで決められるでしょう。

決して、「今までこうだったから」というような、
短絡的な理由ではありません。

連絡手段は、ITの発展と共に進化し、多様化してきました。
そのときどきで、最適な連絡手段を選べるようになりました。

だから、電話という最も歴史が古い連絡手段が
相応しい状況は、減っていくのが当然です。

電話を止めたらどうなりますか?
FAXを止めたらどうなりますか?

他にも捨てられるものはありませんか?


今回は、たまたま連絡手段を例に挙げましたが、
自分が気づかないまま、仕事のやり方が時代に合わなくなることが、
これから度々起こることと思います。

仕事のやり方を定期的に棚卸ししたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ITの基礎を知ろう(Webが表示される仕組みとインターネット)

人材の流動性向上とともに企業側・雇用者側に訪れる危機

関連記事

  1. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  2. 顧客の一挙手一投足に注目する

    昨日、顧客の期待値を超えているか?自戒を込めて書きました。■実際、あらゆる事…

  3. 自分のスキル・経験をカネに変えていく

    このところスキルや経験は本当に大事だと改めて痛感しています。■「スキル」「経験」など…

  4. 顧客の時間軸

    コンサルティングは、その効果が出るタイミングによって、分類することができます。すぐに…

  5. 土台が固まらないと次に行けない

    最近、意図的に色々な本を読むようにしているのですが、私の場合、少し難解な本になると、途端に読めな…

  6. ライバルを設定することで、成長を加速する

    他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。自分らしく生きることを追求するなら、それが基…

  7. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

  8. Web放談会って、どんなものですか?

    昨日から募集開始した「Web放談会」。これって、どんなものですか?とご質問をいただきました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP