menu

電話を止めたらどうなるか?

私は基本的に仕事で電話を使いません。
FAXも使いません。


「電話は丁寧」
「メールは電話より失礼」

という文化が、未だに残っているのでしょうか。

どんなときにも、まずは電話で連絡してくる人が
一定数、残っているように感じます。

私の感覚では、民間の方より、公的機関の方に、
そのような傾向が強いように感じます。

あと金融機関の方。
こちらはメールを禁止されていることが多いからだと思います。


何れにせよ、昔からある文化を
ただ鵜呑みにすれば良いわけではありません。

本当に電話は最適な手段でしょうか?

私は自分が電話をかけることも、
かけてこられることも、好きではありません。

相手の何らかの価値ある時間を
邪魔してしまうかもしれませんし、
その逆もあるからです。

そういう理由で電話が好きではないので、
待ち合わせ場所でお互いを見つけるときとか、

電話することが分かっているシチュエーションでは、
全く抵抗がありません。
時間を遮らないですから。


このように相手に対して、どのような連絡手段を使うのか?は、
相手のことを慮ることで決められるでしょう。

決して、「今までこうだったから」というような、
短絡的な理由ではありません。

連絡手段は、ITの発展と共に進化し、多様化してきました。
そのときどきで、最適な連絡手段を選べるようになりました。

だから、電話という最も歴史が古い連絡手段が
相応しい状況は、減っていくのが当然です。

電話を止めたらどうなりますか?
FAXを止めたらどうなりますか?

他にも捨てられるものはありませんか?


今回は、たまたま連絡手段を例に挙げましたが、
自分が気づかないまま、仕事のやり方が時代に合わなくなることが、
これから度々起こることと思います。

仕事のやり方を定期的に棚卸ししたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ITの基礎を知ろう(Webが表示される仕組みとインターネット)

人材の流動性向上とともに企業側・雇用者側に訪れる危機

関連記事

  1. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  2. 分解できれば成長できる

    昨日、経営は100アスロン(100種競技)だとお伝えしました。■「経営」は本当に様々な種…

  3. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  4. アピールするなら自分の売上よりも顧客の成果

    最近、士業・先生業向けの広告があまりに多くて、目にするのが嫌になってきました。■例え…

  5. 土台が固まらないと次に行けない

    最近、意図的に色々な本を読むようにしているのですが、私の場合、少し難解な本になると、途端に読めな…

  6. 望む働き方とサービスメニュー

    独立をした直後、私はミスを犯しました。自分が望む働き方とサービスメニューの間に乖離があったの…

  7. 気持ちが動いたことは記録しておく

    日々、生きていると、頻繁に気持ちが動きます。笑うときもあれば、イラっとするときもあり…

  8. 4月独立するために必要なこと

    私は3月末で会社員を辞めて、4月から独立しました。■チームを預かるマネージャーでしたので…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP