menu

アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

LINEで送る
Pocket

IT企業を支援する上で、主流となりつつあるアジャイル開発を学んでいます。
ただ、これは単なる開発手法ではなく、どちらかと言えば「働き方」「仕事の進め方」に近いと感じています。
前回の記事はこちらです。

「アジャイルマニフェスト」「アジャイルソフトウェア開発宣言」と呼ばれるものに、以下の記述があります。

プロセスやツールよりも個人と対話を、
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、
契約交渉よりも顧客との協調を、
計画に従うことよりも変化への対応を、

このアジャイルマニフェストのページから引用しました。

前回の記事では2行目と4行目について書きましたので、今回は1行目と3行目についてです。

 

ツールに振り回されていませんか?

「働き方を変える」というような話をすると、すぐツールの話になってしまうことがあります。
テレワークするなら仮想デスクトップとかスマートフォン・タブレットが使えるようにしたいよね、とか。
チャットツールが欲しいね、とか。
DropboxやBoxのようなクラウドストレージが必須だよね、とか。

ただ、これらツールの話は、私たちの働き方を考える上での本質ではありません。

アジャイルマニフェストの1行目には、

プロセスやツールよりも個人と対話を、

と書かれています。

今の世の中、繰り返しの仕事をすることは、余りありません。
と言うか、繰り返しの仕事であれば、コンピュータやシステムに任せれば良いのです。
私たち人間が行なう仕事は、常に変化していくことが前提と考えて良いでしょう。

そんなときに必要なのはガッチリ決められたプロセスでなければ、ツールでもないのです。
常に「自分たちの目標は何なのか?」「それを達成するためにはどうすれば良いか?」を
自分たちで考える必要があります。

いわゆる、アジャイル開発の根本的な考え方である「自己組織化」です。
この考えるときに必要なのが、「個人と対話」なのでしょう。

 

仕事で「戦う」のを終わりにしませんか?

IT業界で働いていると、特に大企業になるほど、職場が「戦場」と化しています。
ベンダーと顧客は、共に目的に向かって歩むパートナーではなく、あくまでも「受注者」と「発注者」。

どちらが泥をかぶるのか?
自分たちがやらないで済む仕事はどこからなのか?
仕事の範囲と、責任の押し付け合いと言っても、過言ではありません。

さらに言えば、同じ「発注者」(つまり同じ会社)の中にも、敵がいたりする始末。
派閥があって、政治が働いて・・ゴチャゴチャした無駄だらけの世界です。
ぶっちゃけ、そんな働き方をしていて本当に楽しいのだろうか?と心配になってしまいます。

そんな世界に対して、アジャイルマニフェストの一文は刺さります。

契約交渉よりも顧客との協調を、

上述の通り、同じアジャイルチームは対話によって「自己組織化」することが求められます。
さらに、顧客との関係も「協調」なのです。
契約社会のアメリカで、こういう発想が生まれてきたことが、個人的には面白いと思うのです。
(補足ですが、アジャイル開発の考え方の源流を辿ると日本にたどり着きます。アジャイルは、アメリカ生まれと言うよりは日本の考え方と言えます)

敵対することをエネルギーを使うのであれば、協調した方が良い。
私も賛成です。
特に独立してからは、誰かと戦っていたら、あっという間に吹っ飛ばされてしまいます。
協調するしかないし、その方が楽しいのです。

顧客とゴールを共有しつつ、一緒に歩んで行きたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
月曜から3日間、あるプロジェクトの山場でした。
これからが本番なのですが・・

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

士業の目の前に広がるブルーオーシャン

上司の言うことを鵜呑みにするのは止めましょう

関連記事

  1. 日々の学びに動画を取り込んでみたら

    手軽で、日々学ぶツールとしては、本が最も一般的です。私はそれに追加して、「動画」を取り込んでみた…

  2. 市場はまだ残っている

    こんにちは、渋屋です。最近、気になることが2つありました。どちら…

  3. アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

    最近、ソフトウェア開発プロセスとして注目されている「アジャイル開発」を学んでいます。このアジャイ…

  4. セキュリティに意識を向けるとエンジニアとしてレベルアップする

    久しぶりのITエンジニア関係の記事です。私は新卒入社後、サーバやネットワークなどのITインフ…

  5. 「IT脳」を鍛えるには、使って体験することが一番の近道

    IT関係の仕事に就いているかどうかに関わらず、全てのビジネスパーソンに「IT脳」が必要になってき…

  6. Facebookを乗っ取られたときの対処法

    おはようございます。渋屋です。このところ、Facebookアカウントを乗っ取られたという話を複数…

  7. レンタルサーバって何ですか?(やっと本題!)

    これまで2回に渡って、サーバについて書いてきました。ようやく、レンタルサーバについてです。…

  8. プログラミングを学びたい

    おはようございます。渋屋です。このところ、プログラミング教育に関する記事…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP