menu

いい加減にFAXはやめてくれ!

LINEで送る
Pocket

2年ほど前に、そろそろFAXはやめるべきじゃない?という記事を書きました。

最近、その思いは一層強くなっています。
反対意見も多いのは分かっていますが、
正しい・正しくないではなく、一個人の意見として主張させてもらいます。

 

なぜFAXを止めるべきなのか

この思いが強くなっている理由は簡単です。
中小企業の生産性を著しく落としているから。

つい先日もこんなやりとりがありました。

  • 支援先の企業で、社長が社員に発注をFAXで出すように指示
  • 社員がFAX用紙に記入して発注
  • その後、社長が発注量に誤りがあることに気付く
  • 社員は帰宅していたので、社長が急いで発注先に電話して修正依頼

たった1回の発注にどれだけの稼働を発生させているのでしょうか?
しかも最後は電話(口頭)で発注しているから、記録も残りません。
あとで「言った・言わない」のトラブルの温床にもなってしまいます。

その他、FAXの問題は冒頭の記事にも色々と書いていますが、最も根本的な問題は、
「世の中の変化に対応しようとしない姿勢」そのものにあります。

FAXよりも便利で安価なツールは世の中に溢れかえっています。
にも関わらず、そのようなツールに乗り換えないのは、

  • 自社は技術に対するアンテナが低い
  • 変化することに抵抗感を示している

ということを、自ら示しているようなものです。

 

公的機関はFAXの使用をいますぐ止めて欲しい

先日、知人の社長がぼやいていました。
「商工会議所の交流会の申込がFAXのみのとき、残念な気持ちになる」

強く同感です。
中小企業の経営を支援する立場にあるものが、わざわざ生産性を下げるFAXのみを窓口にしている。
こういう事実に正面から立ち向かう必要があると感じています。

FAXの問題はその製品・技術と言うよりも、
「毎回、同じような情報を何度も書かせる」ことに問題があります。
会社名、部署、氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレス(メアド聴くならFAX止めろと言いたくなります)・・
毎回毎回、基本情報を書かされるのです。
この書くために使う時間の無駄は、無視することができません。

公的機関であれば、顧客企業を会員ナンバーなどで管理してもらいたいものです。
100歩譲って、仮にFAXを利用するとしても、毎回毎回、基本情報を書かせるのではなく、
会員ナンバーだけを書かせれば良いのです。
そうすれば情報漏えいのリスクも減りますし、書く時間も減ります。

1つ1つの企業が急にFAXを止めるのは大変かもしれません。
業界的に発注も受注もFAXというところが、まだまだ残っていますから、
自社だけ急に止めるのは現実的に大変、ということもあるでしょう。

だからこそ、こういう公的機関や大企業が積極的にFAX利用を止めるべきなのです。
公的機関は中小企業を支援する立場。
それは中小企業経営者から見たら、模範となる立場でもあるでしょう。
そういう立場にある機関が、いつまでも古い仕事のやり方を示しているのは、どうなんでしょう?

 

「今FAXがなくなっていない」ところにニーズの種がある

FAXの存在自体は冒頭からお伝えしている通り、私は不要だと思っています。
企業はコスト・設置場所・時間などを削り取られるからです。
また、NTTなどの事業者視点でも、FAXは維持するのに無駄なコストが掛かるものとなっています。

しかし同時に「手描きのイメージを送る・受ける」という需要は間違いなく続くと思っています。
ですから、FAXがなくなったとしても、その需要を叶える商品・サービスは必要である、と感じています。
高齢者でも子どもでも簡単に使えるサービスが生まれて欲しいですね。
(もうあるのかもしれませんが、一般的に使われているものを、私は知りません。
FAXのデジタル化というようなことではなく、根本から仕組みを変えるものが欲しいです。)

FAXはなくす。でもそこでニーズをしっかり拾う。
そういう流れになって欲しいなぁ、と考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今晩は「士業専門マーケティング講座」のセミナーを行います。
初めてお会いする方が大半で、楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

【私の履歴書】マーケティング部門に異動し、ますます濃密な4年間

日頃から使っているツールと生産性の関係

関連記事

  1. 技術力は、料理の素材のようなもの

    「当社の強みは技術力です」そう仰る経営者は多いです。私はこのようなコメントをいただいたと…

  2. もしクラウドがなかったら、渋屋の働き方はどうなっていたか?

    私の働き方はクラウドによって支えられています。私が利用しているサービスをご紹介しつつ、それが…

  3. おこちゃまな国、日本の情報セキュリティ

    こんにちは、渋屋です。今日は仲間の小嶋さんとランチ。鶴群 丸の内オアゾ店にて。いつも通り…

  4. アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

    最近、ソフトウェア開発プロセスとして注目されている「アジャイル開発」を学んでいます。このアジャイ…

  5. システムを作るよりも、有効利用してもらうためのサービスを

    色々なIT企業(サービス提供事業者、パッケージ提供事業者、システムインテグレーター)を見ていて、…

  6. IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

    昨日の続きです。私が仲間を集めたいのは昨日の記事に書きましたが、IT企業に対して何を…

  7. ITエンジニアの経験価値を最大化する

    私はかつて、ITエンジニアを12年間やっていました。その後、商品企画・マーケティングを4年間やり…

  8. 日本に訪れる人は超・不便!日本の通信事情。

    おはようございます。渋屋です。昨日、香港に到着しました。街中、人だらけで…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP