menu

自分の顧客に仕事を依頼したい

LINEで送る
Pocket

このところ何度か書いていますが、
仕事のペースが明らかに変わってきました。


そこで仕事の中身を分析してみると、
自分1人でこの仕事量をまわすのを諦めた方が
良いのではないか?と思うようになりました。

今は基本的に1人で仕事をしていますので、
どうしても苦手なところで時間を取られてしまうのです。

例えば、私は文字情報をアウトプットするのは好きです。
ブログもメルマガも、基本的に文字情報ですし。

一方、パワーポイントとかワードを使って
見栄えの良い資料を作るのは苦手です。
(昨日1日は、正にこの苦手分野でした・・)

だったら、コンセプトを理解してくれて、
資料化できる人を雇った方が早い気がします。


そんな都合の良い人はなかなか居ないのですが、
私の顧客には、素晴らしいスキルを持った方が
多々、いらっしゃいます。

どうせ仕事をお願いするのであれば、
スキルも人格も把握している顧客が一番です。

そんな顧客に仕事を依頼し、
顧客の顧客になってみて、
サービスを受けてみたら面白いのでは?と。

コンサルティングするときに、
顧客としての意見も率直にお伝えできますし。


そんな構想を描いていたら、
もっと多くの顧客と出会いたくなってきました。

このところ、ある新規事業の立ち上げで
色んな専門家の方とコラボレーションしているのですが、

やはり餅は餅屋です。
専門家(プロ)のパフォーマンスは、
素人のそれとは全く異なります。

驚くと共に、専門家と仕事する喜びを
知ってしまったのです。

まだまだ多くの仕事を
お願いすることはできませんが、

少しずつ、今の仕事の一部をアウトソースすることを
視野に入れたいと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

新サービス「インサイトマップ・セッション」はじめました

IT(情報技術)はETに向かっているのかもしれない

関連記事

  1. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  2. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  3. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  4. 士業を活用する人、使われてしまう人

    士業として独立すると、多くの人が何らかの伝手(つて)をたどって仕事を獲得します。■…

  5. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  6. ラクをするためにもフォームを磨く

    「コンサルティングに集中できたら もっとラクになるのになぁ~」と思ったことが、過去100…

  7. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  8. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP