menu

時間軸を先に飛ばせるか

LINEで送る
Pocket

仕事のできる方に共通しているのは、
時間軸を遠くに飛ばせることでしょう。


コンサルタントは、言葉を変えると、

「時間軸を先に飛ばすお手伝いをする人」

と定義できるのかもしれません。

企業の成長を支援するのがコンサルタントですから、
成長した先の姿を見通す必要があります。


ひょっとすると、税理士や会計士などは財務諸表を中心として、
現状や過去を分析することがメインの仕事かもしれません。

それでも、分析した結果を元に何かを改善すれば、
その先にはより良い結果の出る未来があります。

融資や投資、あるいは補助金・助成金の支援をしても、
その効果が出るのは、やはり未来です。

手続きの支援だけを行い、

「将来に向かって成果を出すのは、あくまでも顧客の仕事」

と切り捨ててしまう士業のコメントを幾度と聴いてきましたが、
本当にもったいないことだと思います。


企業が成長するためには、将来の姿を描く必要があります。
目標のないところに向けて頑張れるほど、人(組織)は強くないからです。

時間軸を飛ばすのは、習慣のようなものです。
技術ですから、誰でも身につけることができます。

「その会議をやったら、どんな成果が出ますか?」
「そのセミナーをやったら、顧客との関係は、どういう状態に変わりますか?」

というように、まずはほんの少しだけ、時間軸を飛ばせば良いのです。

このところ、「今」に注目することが多すぎたので、
自戒のために書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

神エクセル(ネ申エクセル)の弊害とその解決法

潜在顧客をリスト化して、1つ1つにアプローチする

関連記事

  1. 独立するなら学び方を変えたい科目

    このブログ読者には、中小企業診断士だけでなく、診断士を目指す受験生も多くいらっしゃいます。…

  2. コンサルティングのプロセスを意識する

    私は、「教えないコンサルティング」を主に行なっています。■それはなぜか?知識だけ…

  3. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  4. 好きなことで独立できますか?

    こういう仕事をしているので、「好きなことで独立できますか?」と聴かれることがあります。…

  5. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  6. 自分の強みは本当に分からない

    もう何度も何度も書いているネタですが。■本当に自分の強みが何か?は、自分では分かりま…

  7. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  8. コンサルタント独立に必要な3つのモノ

    コンサルタントとして独立するとき、それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP