menu

行動するか、しないかを見極めるポイント

LINEで送る
Pocket

コンサルタントである以上、
顧客が成果を上げることに全力を尽くしています。


色んな顧客にコンサルティングをさせていただく中で、
最近、私が注目しているのは、顧客の「気」です。

・・

ますます「非常識なコンサルタント」になってきました 笑。
ある意味、論理の世界からかけ離れていますね。

でも、この「気」を見ることで、
今まで以上に多くのことが見えてきました。


例えば、今後の行動計画を立てたときに、
本当にその通りに行動するかどうかが、
結果を待たずして分かるようになってきました。

どんなに素晴らしいものであれ、
気が上がらない計画では、人間は行動しないのです。

ですから、計画を立てるときに、
顧客の気が上がっているか?に注目しているのです。


もう1つは、真の問題が分かるようになってきたことです。

なぜ頭では良いと思われる計画を立てているのに
気が上がらないのか?

このようなとき、真の問題が裏に隠されています。
もちろん顧客は隠しているつもりはありません。
潜在意識のことなので、本人も気がついていないだけなのです。

ですが、「真の問題はこれですよね」と
私から指摘するようなことはしません。

潜在意識の問題ですから、本人が気づくことが大切です。
私が指摘したところで、
「そんなことはない」で終わってしまいます。

私は、いくつかの質問を投げかけながら、
ご自身がその問題に気づき、そして立ち向かう勇気を持つことを
見守るのみです。

これをコンサルティングと呼ぶのか?甚だ疑問です。
ひょっとするとカウンセリングの領域に近いのかもしれません。

ただ、名前はある意味関係なく、
私は顧客が成果を上げるための力を身につけ、
そして顧客と真摯に向かい合うのみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

内面世界から現実世界へのコンサルティング

「我慢」したことを、ビジネスチャンスに変える

関連記事

  1. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  2. 土台が固まらないと次に行けない

    最近、意図的に色々な本を読むようにしているのですが、私の場合、少し難解な本になると、途端に読めな…

  3. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

  4. 独立直後の目的はお金でも良い

    「独立したい」と思ったとき、その理由は何でしたか?■私の場合は、「全部自分でやり…

  5. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

  6. もっと研修講師をやろうと思った理由

    このところ、いくつかの研修講師をしています。■独立したときから、研修やセミナーの講師より…

  7. 「国」という見えないものに頼り過ぎるリスク

    先日、士業が集まる場に参加する機会がありました。■ちょっとした研修の場でしたので、あ…

  8. 補助金ビジネスに対する私のスタンス

    かつて、補助金のビジネスに関わっていました。でも、今はやっていません。私なりに理由があるから…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP