menu

中小企業診断士を取って独立を目指すなら、安易に実務補習を受けない方が良い

LINEで送る
Pocket

中小企業診断士の受験を突破すると、すぐに診断士になれるわけではありません。

 

診断士登録には、実務経験が必要

合格後、実際に中小企業の診断業務を15日間実施しなければ、経済産業省に登録できないのです。

この条件、既に独立して中小企業を顧客としてコンサルティングをやっているのなら簡単です。
しかし会社員にとっては、15日間の診断業務を行うことは、かなり大変です。
特に診断させてもらう顧客を見つけるのが、不可能に近いでしょう。

そういう会社員のために、中小企業診断協会は「実務補習」という制度を設けています。
(詳細はこちら
5名程度でチームを組み、そこに指導教官(ベテランの診断士)がつきます。
このチームで中小企業を訪問し、診断実務を経験させてもらうのです。

5日間コースでおよそ5万円の費用がかかります。
ですから15日間の実務経験を積むためには15万円程度の費用がかかります。

試験に合格した多くの会社員は、この実務補習の制度を利用します。
(私も最初の5日間だけ利用しました)
ただ、将来独立を目指しているのであれば、私は安易に実務補習を受けない方が良いと思っています。

 

無駄な「型」を押し付けられる

実務補習を受けない方が良いと思う理由の1つ目は、非現実的だからです。

実務補習では、5名程度でチームを組んで診断する関係もあり、
戦略・マーケティング・人事・会計・ITなど、多角的な診断を求められます。
1人1つ、担当分野を持って診断するのです。
また診断報告書なる資料提出が必須で、しかも様式が細かく決められています。

しかし、実際のコンサルティングにおいて、同時にこんな多角的にやることはありません。
社長が戦略に悩んでいるのであれば、他のことはさておき、まずは戦略に注力するでしょう。
戦略やマーケティングに問題があったとしても、今、赤字を垂れ流している状態であれば、
どうやってそれを早く止めるかが最優先事項です。
つまり、コンサルティングは通常、1つのテーマに注力して行います。

さらに報告書を出すかどうかは、顧客の希望、契約次第です。
毎回、あんなガチガチな報告書を作成していたら、時間のないフリーランスはすぐに潰れてしまうでしょう。
(ちなみに私の個別コンサルティングは面談のみで、資料の提出は行っていません。)

まとめると、実務補習は実践的ではないのです。
おそらく「実務補習」という名前の通り、研修の延長的な位置付けでしょう。
にも関わらず、協会が提供するものだから、「これが正しい型」だと思い込んでしまう人も多いのではないでしょうか。
指導教官が良い方であった場合、学べるメリットがあると想いますが、デメリットの方が多いのです。

 

独立を目指すならやっておきたいこと

理由の2つ目は、お金が必要だからです。
もう受験も終わったのだから、少しずつでも「お金を払う側」から「お金をもらう側」へシフトすべきではないでしょうか。
もちろん、学びに金銭的投資は必要です。
ですから現実は「もらいつつ払う」ことにはなるのですが。

会社員であれば、お金を払って診断させてもらう(=経験を積む)ことに意味があるかもしれません。
ただ、独立を目指すなら、コンサルティングをすることで対価を頂くことに慣れていかなければなりません。
細かいことを言えば、契約を結んだり、見積り・請求なども必要になるでしょう。
単にコンサルの経験を積むだけでなく、「業務として回せる」状態にいち早く変化していく必要があります。

理由の3つ目は、顧客開拓を経験したいからです。
独立して、診断協会などに登録すれば自動的に仕事が入ってくる、なんてことはありません。
(正確には多少はあるのですが、大半が仕事内容も金額も自分では決められないものが降ってくるだけです)

本当に自分が支援したい顧客に対して、満足できるやり方、納得できる料金で支援をするのであれば、
自分自身で顧客を開拓する経験が必要になります。
公的機関などの他者に営業をお願いしていたら、自由がなくなるのは当然です。

1社でも2社でも自分で開拓してみる。
いきなり社長に会うのが無理だったら、独立している診断士にお願いして同席させてもらってはいかがでしょうか?
そこで自分ができる限りに貢献をするのです。

お金は頂かないまでも、支払うことはなく、顧客からは「研修生」ではなく「プロ」として見られます。
そんなプレッシャーを感じる方が、いち早く成長できるのではないでしょうか。

実務補習、1回は受けても良いと思いますが、
独立を目標としているのであれば、2回目以降は自分で何とかするのがオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨晩は診断士受験生時代の勉強仲間と横浜でランニング。
途中で雪が降り、かなり寒かったです。。
今朝は家族でインターバルトレーニング。追い込みました(^_^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

「振り切っている」ものがなければ、誰にも相手にされない時代が迫っている

もう会社員には戻れない、と思う理由

関連記事

  1. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  2. スムーズに最初の一歩を踏み出せる、3つのコツ

    何事も最初の一歩を踏み出すのは大変です。最初の一歩だけに、それは未経験ですから、何をどのくらいや…

  3. 個人ブランド #280

    おはようございます。duckです。8月に皇居を2周、10kmを一緒に走った仲間から、次のレースへのお…

  4. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  5. 「副業」ではなく「複業」へ、PPMの発想を持とう

    これから独立をしようと思っている方にお勧めしたいのが「複業」です。今までこのブログでは「副業」「…

  6. 独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

    多くのビジネスで、独立・起業直後の2年程度はガマンの時期だと言われます。若くして独立・起業してい…

  7. 「大」企業内診断士が意識したいこと

    こんにちは、渋屋です。今日は中小企業診断士が、社長に適切なアドバイスをするために気をつけたい…

  8. 独立するのに自分のメディアがないのは致命的

    先日、お会いした方が仰っていました。「士業は情報発信してくれないから、仕事をお願いしにくい」…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP