menu

もっと「知ってもらうこと」を大事にしては?

多くの企業、あるいはフリーランス(士業・コンサルタント)と話をしていて感じることがあります。

「もっと情報発信すれば良いのに。もったいない。」と。

 

知られなければ、存在しないのと同じ

このように感じるのは、良い商品・サービスを提供していたり、
その方(社長・代表)の人柄やスキルが素晴らしいからです。
どんなに素晴らしくとも、顧客に知られなければ、存在しないのと同じことです。

余談ですが「地方創生」とか言って、お金をばらまくケースが見受けられますが、
そんな祭りごとをやる前に、純粋に情報発信で「知ってもらう」ことに注力した方が良いと思うのです。
首都圏(横浜)に住んでいる私には、地方にある良いものの存在を全く知らないことが多々あります。
その地方を訪れて、何かを知ったときに、「もっと分かるように発信してよ〜」と思うのです。
(自分の不勉強を棚に上げてますが・・)

本題に戻って、良い商品・サービス、あるいは人柄・スキルなどのお話しを聴くたびに、
「もったいない」と感じてしまいます。
私が支援する企業・個人に共通して言えることですが、

  • 良い商品・サービスを創り出すこと
  • スキルアップして成長すること

には貪欲な方が多い一方で、それを(潜在)顧客に向けて発信する・届けることが疎かになっていることが、実に多いのです。
大事なことなのでもう1回書きます。
顧客に知られなければ、事業としては存在しないのと同じことです。

 

買ってもらう前の活動と、買ってもらった後の活動

私がマーケティング支援をするときに、良く確認することがあります。
その活動は、どの層に顧客に向けて行うものですか?と。

  • 知ってもらう
  • 興味をもってもらう
  • 買ってもらう
  • ファンになってもらう

このように顧客の状態を大きく4つの層に分けて、

  • まだ自社(商品・サービス)を知ってもらっていない人に、知ってもらうための活動
  • 知ってもらった人に、興味をもってもらうための活動
  • 興味をもってもらった人に、初めて買ってもらうための活動
  • 買ってもらった人に、より自社のファンになってもらうための活動

を分けて考えているのです。

このように分けて考えると、知ってもらうための活動が疎かな事業が実に多いのです。
この4段階をさらにザックリと2つに分けると「買ってもらう前」と「買ってもらった後」となります。

自社の商品・サービスをしっかりと作り込んでいくことは、
「買ってもらった後」の顧客に良い効果を及ぼします。

逆に言えば、どんなに良いモノを作り上げたところで、
「買ってもらう前」の潜在顧客には伝わらないのです。

 

顧客が知りたいときに、知りたい情報を提供できているか?

では、「買ってもらう前」の顧客に、どのように情報を伝えれば良いのでしょうか。
「もっと知ってもらいましょう」と提案すると、

「じゃあ、ビジネスコンテストに出ます!」
「広告出しますか!」

というような回答をもらうことがあります。

それはそれで効果があることも否定しません。
でも、潜在顧客は、いつでもそのコンテストや広告を見ることができますか?
顧客が必要と思った「タイミング」で、必要な「情報」を提供できますか?

自分(事業者)が、どこにどうやって情報を出したいか?ではなく、
顧客にとって必要なカタチで情報提供ができているか?が大切です。
そのために私はコンサルティングのとき、

  • 顧客は誰か?
  • その顧客は何によって情報を集めているか?(普段接しているメディアは何か?)

を言葉を変えつつ、何度も何度も質問するのです。
せっかく良い商品・サービスを持っているのだからこそ、
その存在を知ってもらうための行動を、もっと積極的にしていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
もう1年半も入っている某大企業の大型ITプロジェクト。
組織の文化や意思決定基準・方法がシステム導入に大きく大きく
影響を与えていることを、改めて感じています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

【私の履歴書】悩みに悩んで中小企業診断士の受験を決意

グループで本を読み、気づいたことを共有する効果

関連記事

  1. 人間は自分が属するコミュニティに染まっていく

    変化・成長するために必要なものは何か?それも連続的な変化・成長ではなく、断絶した異なる世界への跳…

  2. セグメント会計、はじめの一歩

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(売上が目標の組織は続かない)では、売上を目標に掲げ…

  3. 情報活用セミナーのご案内 #365

    こんにちは。渋屋です。今日は1日、週末起業 ドリームサミットに参加!・・・の予定だったの…

  4. 名刺を2枚持つ働き方 #501

    おはようございます。渋屋です。昨日も夜遅くまでオフィスにいたため、やろう…

  5. 真の競争優位性とは #696

    おはようございます。渋屋です。今更ながら、『俺のイタリアン、俺のフレンチ…

  6. 大企業の役職者は意識を変えないと危険

    先日、知人の苦労話を聴いておりました。本当に大企業で責任ある立場にある方々、いい加減に変わらない…

  7. コンサルを使うのが上手い会社、下手な会社

    多くの会社の支援をさせていただいていて、外部の人間を使うのが上手い会社とそうでない会社があると感…

  8. PDCAをまわせない3つの理由

    ビジネスの世界で生きているなら、1度は聞いたことのあるPDCA。Plan(計画)→Do(実行)→…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP