menu

自社(自分)にIoTは関係ないと思っていませんか?

LINEで送る
Pocket

新聞などの一般メディアを読んでいても、毎日のように目にすることになったIoT。
それでも「自社には関係ない」と思っている人がまだまだ多いようです。

 

IoTは本当に自社には関係ないのか?

先日もそういう意見を聴きました。
「うちはソフトウェア系だからIoTは関係ないんですよ」と。
これはとてももったいない話です。
自らビジネスチャンスを逃していると言っても過言ではないのです。

私のように個人で働いている人から大企業まで。
業種・業態も関係なし。
「世の中全ての人(人だけでなくモノも)」がIoTは関係してくるのです。

 

デジタルツイン(狭義のIoTと広義のIoT)

IoTという言葉は狭義の意味と広義の意味があります。

Digital Twin

狭義には、現実世界の出来事をデジタルデータに変換して、ネットに送り出すことです。(図の下側)
広義には、集めたデジタルデータで現実世界を捉えて、現実世界を動かすことです。(図の全体)

例えば信号の運用を変えたときに、どのように渋滞が変化するか?
それを現実世界でやってしまうと、渋滞がひどくなってしまうかもしれません。
しかし、電脳世界側でシミュレーション(模擬実験)すれば、現実世界に影響を及ぼすことなく、信号の運用を変えるべきかどうかが判断できます。
新しい薬の投与などについても、同じことができます。

つまり電脳世界は現実世界から集められたデータによって出来上がる、現実世界のコピーです。
ですから「デジタルツイン」と呼ばれることがあります。

電脳世界(私はこれまでのブログでは仮想空間という表現をしてきました)が現実世界のデジタルコピーであるなら、「IoTに関係ない人はいない」と私が主張する理由がお分かりになるのではないでしょうか。

 

ビジネスチャンスしかない

冒頭の話に戻りますと、「うちはソフトウェア系だから関係ないんですよ」は狭義のIoTに対して発せられた言葉だと想定できます。
しかし、電脳世界は文字通りソフトウェアで実現された世界です。

IoTと広義で捉えると、世の中全てのものが対象になりますから、そこにはビジネスチャンスしかありません。
IoT(Internet of Things)のことを Cisco社が IoE(Internet of Everything)と表現したのは、大袈裟ではないでしょう。

この現実世界・電脳世界の全てに対して、対応できる会社はありません。
現実世界にも様々な人・会社があって商品が提供されているように、広義のIoTにおいても1社でどうこうできるものではありません。

あらゆる会社にチャンスがあるのですから、「自社(自分)には関係ない」と思考を止めましょう。
それよりも、

「うちがIoTで貢献する、価値提供するとしたら、何ができるだろうか?」

という問いを立てて頂きたいと思います。
もちろん私も、自分自身でこの問いを立てています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は妻・息子とまだ暗いうちから早朝ランニング。
のんびりと3〜4km程度。
いつも元気な息子ですが、朝食前に走るのは厳しいようでした。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

コンサルティング直後にメモを書く

どうしてもセミナー講師になれない人は・・

関連記事

  1. 業界構造を破壊する、もう1つのクラウド #700

    おはようございます。渋屋です。■IT業界の構造を破壊する、もう1つのクラウド…

  2. 技術力は、料理の素材のようなもの

    「当社の強みは技術力です」そう仰る経営者は多いです。私はこのようなコメントをいただいたと…

  3. Facebookを仕事で使うなら、最低限知っておきたいこと

    会社を辞め、個人として働くようになってから、ますますFacebookは手放せないものとなりました。…

  4. 神エクセルを回避する、ファイル作成時の思考法

    世の中から神エクセル(ネ申エクセル)がなくなりません。厳密に言うとエクセルだけでなく、ワードもで…

  5. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  6. IT格差の拡大は、次の局面へ

    このところ、SORACOMのニュースが増えていますが、今回も。SORACOMの活躍によって、企業…

  7. スマホ中毒者の激増を予想する理由

    電車に乗っているとき、駅で電車を待っているときなど、人の集まるところでは、多くの人がスマートフォ…

  8. ホームページの運用で最も大切なこと

    前回はホームページ設置の際に大切なことを書きました。今回はホームページを設置後の運営について…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP