menu

お金への欲望を隠さない方が健全に生きられるのでは?

LINEで送る
Pocket

お金の話になると「がめつい」「汚い」という雰囲気を感じることがあります。
場所をわきまえる必要はあれど、私はお金に対する欲望を隠さない方が良いと思っています。

 

本当にいくら必要なのか?真剣に考える

お金の話を避けたがる人は、お金のことを真剣に考えていないように感じます。
「慎ましく暮らすので」というのは別に良いのですが、

  • 本当に生きるためにいくら必要なのか?
  • その金額をどうやって獲得していくのか?

そういう思考を感じられないのです。
慎ましく暮らそうが、贅沢をしようが、その基準にしたがって上記のことは考えなければなりません。

自給自足できない現代の日本社会にあっては、お金なしで生きていくことはできません。
どうしても真剣に向き合う必要があるのです。

私の場合、会社員時代よりも独立してからの方が、お金に対する危機感が増しました。
固定費を下げる工夫などをしたのも、その危機感のためです。

 

稼ぎたいだけ稼げば良い

私はお金に対する欲望を隠さない方が、健全に生きられると思うのです。
以前、1億円あったら何に使うのか?を考えてみました。

恐ろしく何も思い浮かばずに驚いたのですが。
この記事を書いた後も、ずっと考え続けてきました。

やはりモノに対する物欲は少なく、学びや体験(自分だけでなく家族も)に対する欲ばかりが出てきます。
しかし、おかげでその「学びや体験」に対する欲は強くなるばかりです。

満たされなかったものに対して後悔する人生は送りたくない。
だったら、まずはその欲を満たすほどに稼げば良いと思うのです。
稼いで満たして、稼いで満たして、ときには失敗もするかもしれないけれども、稼いで満たして。

それを繰り返すうちに、本当に自分が必要とするものに収斂していくのではないか?と推測しています。

 

お金の2つの面を分けて考える

もう1つ。自分で事業を営んでいる人には、気をつけるべき点があります。
お金には2つの側面があると思うのです。

  • 一般的な「購買力」としてのお金
  • 事業の「成績」としてのお金

私は仕事に中毒と言えるほどハマっている人の多くは、後者のお金にハマっているように思います。
事業の成績はなかなか目で見えません。
どれだけ顧客と関係づくりができているのか?どれだけ世の中に貢献したのか?
それを表す成績としてのお金を獲得したくて、仕事にハマっていくのです。

ただ、仕事だけして生きていられる人は、そう多くありません。
仕事以外のことも、真剣に向き合わなければいけませんし、私の場合は向き合いたいと思っています。

だからこそ、最大で仕事に費やす時間を制限するためにも、
「必要な購買力としてのお金」をまず定義しておく必要があるのです。
そして、事業の成績は、そこまで獲得すれば十分なのです。

事業の成績はどこまでも伸ばしたいという人もいるでしょう。
一方で、私の場合はお金の面では、永遠の成長は望んでいません。
その時々に合った形で、ドラッカーの言うように「より良く」していくことを望んでいます。

とは言え、当面は「必要な購買力」にはほど遠いので、まだまだ稼ぎたいと思っているのですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今度行うセミナーで受講者の方に体験してもらうため、簡易版のVRヘッドセットを買いました。
息子に見せたら反応が面白かったです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

無条件の理想を掲げる

ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

関連記事

  1. 人が変わり、成長するためのスイッチ

    大前健一さんは、人が変わるためには、時間配分、住む場所、つきあう人を変えるしかない。と言われています…

  2. お客様が一番の先生 #145

    こんばんは、duckです。今日も終電での帰宅でした。どうにも仕事が片付きません。「石の目」を突きたい…

  3. 小さな組織に魅かれるワケ #385

    こんばんは。渋屋です。先日、興味深い話を聞きました。話し合いの限界は5人、ということです。6人以上で…

  4. 新しい活動 #196

    おはようございます。duckです。先週末から昨日まで、息子は田舎で過ごしています。4歳位だと、両親が…

  5. 警報装置 #265

    おはようございます。duckです。昨日はテレワーク後、そのままジムで筋トレとランニング。早めに帰宅で…

  6. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  7. 表現力の改善 #239

    こんばんは、duckです。今日は法事で妻の田舎に帰省しています。明日は田舎の近くで遊ぶ予定だったので…

  8. 刺激をもらいに #139

    こんばんは、duckです。今日は日々の引力から脱出すべく、鮒谷さんの3日間セミナー参加者が集う、勉強…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP