menu

巨人の肩に乗る

LINEで送る
Pocket

私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。

アイデアを出すときも同じです。

私のような凡人が何も意識せずにゼロからアイデアを出せと言われても、な~んにもでません。
無理です。

万有引力を発見したニュートンですら、

“If I have been able to see further,
it was only because I stood on the shoulders of giants.”

『私がさらに遠くを見ることができたとしたら、
それはたんに私が巨人の肩に乗っていたからです。』

と言っているのです。(Wikipediaより)

過去の偉人たちが生み出した思想や知識をもっと上手く活用したいものです。

それがフレームワークを使う、ということなのでしょう。

私が商品企画のときに良く使うフレームワークの1つが、ここ何回かでご紹介している売上を作る5つの要素です。
(詳細は佐藤義典さんの実戦マーケティング戦略をお読み下さい)

売上=客数×客単価 です。

客数を増やすのは、

・新規顧客を獲得する
・既存顧客を維持する(流出を止める)

の2つ。

客単価を増やすのは、

・購買頻度を上げる
・購買点数を増やす
・商品の単価を上げる

の3つです。


昨日も書きましたが、

新規顧客獲得のコスト > 既存顧客を維持するコスト

です。まずは既存顧客を維持する施策を考えましょう。

しかも、当たり前の話ですが、

新規顧客を獲得するのは、
「認知」「興味」などを得ようとする行為。

一方で、既存顧客を維持するのは、
「購買」後の「利用」「愛情」を得ようとすることです。

施策は全く異なります。
(だからコストも異なるのですが)

売上を5つの要素に分解しているのは、
その1つ1つの行動が変わるからです。

行動が変わらないのでしたら、
わざわざ要素分解する意味がありません。

未だ客数の方にしか触れていませんが、
5つに分解している背景をちゃんと理解して
いただきたいので、しつこく書いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

外部環境に目を向けてみると・・

人間関係を改善するための2つのアプローチ

関連記事

  1. あなたは倹約家?それとも投資家?

    お金に関して私たちは、基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、と感じています…

  2. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  3. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  4. 会社員の方が合っている人もいる

    昨日は、独立した人のどれくらいが食べていけるのか?言い換えると再び雇われる道を選ぶ人がい…

  5. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

  6. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

  7. 言葉へのこだわりが世界を作る

    成果を上げている人たちを観察すると、言葉へのこだわりが非常に強いと感じます。これは職業に…

  8. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP