menu

巨人の肩に乗る

LINEで送る
Pocket

私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。

アイデアを出すときも同じです。

私のような凡人が何も意識せずにゼロからアイデアを出せと言われても、な~んにもでません。
無理です。

万有引力を発見したニュートンですら、

“If I have been able to see further,
it was only because I stood on the shoulders of giants.”

『私がさらに遠くを見ることができたとしたら、
それはたんに私が巨人の肩に乗っていたからです。』

と言っているのです。(Wikipediaより)

過去の偉人たちが生み出した思想や知識をもっと上手く活用したいものです。

それがフレームワークを使う、ということなのでしょう。

私が商品企画のときに良く使うフレームワークの1つが、ここ何回かでご紹介している売上を作る5つの要素です。
(詳細は佐藤義典さんの実戦マーケティング戦略をお読み下さい)

売上=客数×客単価 です。

客数を増やすのは、

・新規顧客を獲得する
・既存顧客を維持する(流出を止める)

の2つ。

客単価を増やすのは、

・購買頻度を上げる
・購買点数を増やす
・商品の単価を上げる

の3つです。


昨日も書きましたが、

新規顧客獲得のコスト > 既存顧客を維持するコスト

です。まずは既存顧客を維持する施策を考えましょう。

しかも、当たり前の話ですが、

新規顧客を獲得するのは、
「認知」「興味」などを得ようとする行為。

一方で、既存顧客を維持するのは、
「購買」後の「利用」「愛情」を得ようとすることです。

施策は全く異なります。
(だからコストも異なるのですが)

売上を5つの要素に分解しているのは、
その1つ1つの行動が変わるからです。

行動が変わらないのでしたら、
わざわざ要素分解する意味がありません。

未だ客数の方にしか触れていませんが、
5つに分解している背景をちゃんと理解して
いただきたいので、しつこく書いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

外部環境に目を向けてみると・・

人間関係を改善するための2つのアプローチ

関連記事

  1. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  2. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  3. 戦略レベルとオペレーションレベル

    中小企業診断士の2次試験を受けたことのある方は、・戦略レベルの助言・オペレーションレベル…

  4. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  5. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  6. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  7. 常識人だからこそ、人の常識に振り回されていませんか?

    士業やコンサルタントに中で、「常識」とも捉えられているような考え方があります。■・事…

  8. コンサルタント魂、ありますか?

    芸人魂、料理人魂などなど、生き様がそのまま仕事に現れる職業には「魂」という言葉がつきます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP