menu

「悩む」のと「考える」のは全く違うことに気付いていますか?

LINEで送る
Pocket

インサイトマップ・セッション」のサービスを開始してから、約2ヶ月が経ちました。
その他にも別のところでインサイトマップのファシリテーターをやっていますので、
かなりの人数のインサイトマップに関わってきました。

 

「悩む」ことと「考える」ことの明確な違い

多くの人が「考えている」と言います。
私も日頃から色んなことを考えているつもりです。

しかし、インサイトマップ・セッションをやるようになってから、
「それは単に同じところをグルグルと悩んでいるだけなのでは?」
という疑問を抱くことが多くなりました。

改めて「考える」という言葉を辞書で確認してみると、

  1. 知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。
  2. 関係する事柄や事情について、あれこれと思いをめぐらす。

とあります(goo辞書より)。

「筋道」を立てたり、あるいは思いを「めぐらす」ことが「考える」ことなんですね。
では、どうやって筋道を立てたり、思いをめぐらせれば良いのでしょうか?

 

ツールを使って、ちゃんと考える

そこで使うのがインサイトマップです。

インサイトマップ

真ん中に自分が今、抱えている葛藤を書きます。
写真の例では、何かを行動するか?しないか?で迷っています。
そして、それぞれの陰(グレー)と陽(白)をもう3段階、展開していくのです。

物事には因果関係があります。
行動することによって生まれる陽、例えば「新しい発見がある」かもしれません。
逆に行動することによって生まれる陰、「他者から批判される」かもしれません。

この「行動→新たな発見」のように因果関係を組み立てることが「筋道を立てる」ことです。
そして、一方向の因果関係だけではなく、ロジックツリーを展開するがごとく、
全方位的に因果関係を広げていくのが、「思いをめぐらす」ことです。

私たちは普段、やりたいことの陽と、やりたくないことの陰ばかりを考えてしまいます。
頭の中だけでは、なかなか全方位的な視点で物事を考えられないのです。
インサイトマップは、それを使うことによって自然と「考える」ことができるようになります。

 

俯瞰した上で、選び、行動する

全ての陰陽を埋めていく過程で、今まで考えていなかった視点に気づくことがあります。
特に陰の先にある陽とか、陽の先にある陰とかは、日頃から考えていないことが多いのです。
そういう盲点(潜在意識)に大事な価値観が隠れていることがあります。

それらを含めて全体を俯瞰すると、「自分は自由に選べる」という感覚を得ることがあります。
どの道にも陰陽があり、どれを選ぶのか?あるいはここには書かれていない道を創り出すのも自分。

どこに行動を制限する意識(マインドブロック)があるのか?を認識し、
それを克服することも、回避することも自分次第。

「ちゃんと考える」ことの効果は、次の具体的な行動を取れることです。
どれだけ考えても、行動を起こさなければ現実は変わりません。
悩んでいるだけだと、実際の行動につながらず、モヤモヤし続けることになってしまいます。

俯瞰したことによって悩みがどうでも良くなり、
「放置する」ことを選択することもありますが、それを含めての行動です。

ちゃんと考えて、行動する。
インサイトマップに限りませんが、常に意識したいことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
「インサイトマップ・セッション」、これまでにご予約いただいていた方の
セッションは全て終了しました。
今まではセッションをやってもやっても予約が止まらなかったので、
ちょいとひと息です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

「1万時間の法則」をどこに効かせるか?

ビジネスは瞬発力よりも巡航速度

関連記事

  1. 身体感覚・解像度の細かさを深めていく

    どんなことであれ、素人とプロフェッショナルの間には、感覚の大きな違いがあります。私は今、鍛えたい…

  2. 学生が中小企業に就職したがらない理由

    以前に、私は新卒で小さな企業に就職して良かった、という記事を書きました。今でも学生には、大企…

  3. あと何年はたらきますか? #628

    おはようございます。渋屋です。■「働き方」がブームです。既に「終身雇用」…

  4. プレゼン資料のまとめ方 #211

    こんばんは、duckです。今日は月に1度のセミナー講師育成コースでした。私は9月19日に独立・起業を…

  5. ホスピタリティー

    息子が来月、とある手術を受けるので、今日はそのための術前検査でしたいつも非常に混んでいるので、今日…

  6. 偉大なる伸びしろ #141

    こんにちは、duckです。明日の2つの予定に向けて、準備でバタバタしています。・診断士の実務従事、資…

  7. 異常値を日常化することが変化・成長のキモ

    昨日の峠走による筋肉痛がひどいことになっています。。運動に限らず、こうやって異常なことを日常にし…

  8. 資格試験の捉え方

    私は世の中一般的に見ると、資格を多く持っている方だと思います。IT業界は資格の種類が多いから、って…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP