menu

稼ぐより遊ぶ、戦うより逃げる

LINEで送る
Pocket

多くの方が感じていることですが、働き方は明らかに変わってきています。
最近、私が考えている働き方について書いてみました。

 

もっと真剣に遊びたい

独立してフリーランスとして働いていると、(コッソリと)良く聴かれるのが収入のこと。
会社員から見れば、独立した人がどうやって仕事を獲得しているのか?
本当に食っていけるのか?は興味のあることでしょう。

独立した後は、実際にいくら稼ぐか?が1つの指標になることは当然です。
食べていくためにも、投資をするためにも、やりたいことをやるためにも、
お金が必要なのは変えられない現実です。

ただ最近、「もっと真剣に遊びたい」と考えています。
夢中になって真剣に遊んでいるうちに、いつの間にか価値が提供できるほどの腕前になり、
お金が後から着いてくるという世界です。

昨日、「ミスターBeing」と呼びたくなるほど、「あり方」が通っている人に出会いました。
話を聴くと、正に遊びを極めるうちに、それが仕事になっているのでした。
世間一般的に言えば「コーチ」「カウンセラー」に近い仕事をしているのですが、
1対1のセッションを軽く3万セッションはやったそうです。

1日3人やっても1年で約1,000セッション。
3万セッションの凄さが分かります。
まだ30代ですから、どれだけ集中してきたのか・・
でも本人にとっては「真剣に遊んでいる」のだから、参ったものです。

 

戦うよりも逃げて良いのでは?

バブル時代、「24時間戦えますか?」というリゲインのCMは強烈なインパクトでした。
「ビジネスパーソン=戦士」という印象を深く刻み込まれたように思います。

今の時代、戦士のように愚直に戦い続けるのが良いのか?と言えば、
私はそうは思いません。
ドラクエだってファイナルファンタジーだって、「にげる」があります。

「ワークライフバランス」とか、耳障りの良い言葉は増えていますが、
私の知る人たちは「にげる」選択肢すら与えられていないことが多いです。

例えばデスマーチに入ったITプロジェクト。
クライアント(発注側)企業は、無意味な目標を立てている。
ベンダー(受注側)企業は、その無意味な目標に振り回され続ける。

第3者の立場から見ると、ただの茶番です。
なのに、クライアント企業の人も、ベンダーの人も、一向に逃げようとしないのです。
「もう止めにしません?」って双方が言えば良いのに。

 

逆張りすれば、最終的に統合していく(かも)

  • 「稼ぐ」よりも「遊ぶ」
  • 「戦う」よりも「逃げる」
  • 「頑張る」よりも「頑張らない」
  • 「食べる」よりも「食べない」(ファスティングする人が増えていますよね・・)
  • 寝不足で働くよりも、ガッツリと寝る

こんな風に、従来から正しいと思われて来たことに、
一度、逆張りしてみると良いと考えています。

私の場合、最後の寝不足・ちゃんと寝るは両方経験しました。
今は明らかにちゃんと寝た方が、中長期のパフォーマンスが高いことは確信しています。
1日くらいなら、ちょっとした寝不足なら耐えられますが、それ以上は嫌です。

また、むやみに「頑張る」くらいなら、
一度自分を見つめなおすために「頑張らない」時間を取るのも良いでしょう。

このように今まで良しとされてきた価値観に対するアンチテーゼが、
私の中には生まれてきています。
世の中にも、そのような風潮を感じます。

一度、逆に振ってみたらいかがでしょう?
最終的には、双方のメリット・デメリットを感じて、
自分の中で統合されていくのではないかと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は湘南国際マラソンです。
トレーニング不足は否めませんので、やや抑え気味に入ろうと思います。
どこまで「頑張る」か?あるいは別の選択肢を作り出すか?
今、正に悩んでいるところです。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

コンピューティングモデルの変遷を確認してみる

コンサルタントは労働集約な仕事

関連記事

  1. 『嫌われる勇気』が売れたのに、果たして幸せな人は増えたのか?

    日々、本を読んでいて思うことがあります。こんなに多くの人が本を読んでいるにも関わらず、なぜ人…

  2. 3年間の活動で、私が手に入れてきたもの

    私が中小企業診断士試験を受けたのが、2011年。合格が決まり、外の世界に出始めたのが、2012年…

  3. 親へのお礼

    こんにちは、duckです。昨日は大学後輩の結婚式に行ってきました結婚式参加は数年振りでしたが、新たな…

  4. 学びを止めれば、即、衰退

    これだけ変化が激しくなっている世の中で、学びを止めることは、即刻、自分の戦闘力(=市場価値、稼ぐ…

  5. 大企業と独立のあいだ

    こんばんは、duckです。昨日と少し似たネタです。診断士を目指す以上、誰もが一度は考えること、独立。…

  6. 適切な指導者と実践と #530

    こんばんは。渋屋です。今朝は久しぶりに5時に起きて、軽くRUNでも・・・…

  7. 1,000日をスタート地点と考えるくらいでちょうどいい

    情報の伝達手段が発達し、学びのプラットフォームやアプリが次々と生まれる中で、私たちは新しいスキル…

  8. 新たな活動!?

    こんばんは、duckです。ここ最近、色んなことが動き出しました4月から新たに色んな経験が出来ると思う…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP