menu

顧客の関門に合わせた商品設計を

LINEで送る
Pocket

前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。

簡単に復習すると、

「営業」という言葉の定義を変えて、
自分の行動をブロックしないようにする。

「顧客は誰か?」を定義・調査して、
実際に潜在顧客に会いに行く。

この2つでした。


では、この2つを実践できるとモノが売れるのか?
というと、そうもいきません。

売り物がないので当然ですね。。

ただ、売り物があれば何でも良いのか?というと、
そういうわけにもいきません。

顧客の状態に合わせた商品提案が必要なのです。


顧客の状態とは、例えば、

  • 顧客に知ってもらう
  • 顧客に興味をもってもらう
  • 買ってもらう
  • ファンになってもらう
    (ファンであり続けてもらう)

というような状態のことです。

営業のじょうごモデルとか、
セールスファネルなどの言葉で有名ですね。


当たり前のことですが、

まだ一度も買ってもらったことのない顧客に、
いきなりディープな商品を提案しても、抵抗があるでしょう。

  • あなたを知らない顧客には、知ってもらうための商品
  • 知ってもらった顧客には、興味をもってもらうための商品
  • 買ってもらうためには、最初の購買にふさわしい商品
  • 何度か買ってもらった顧客には、ファンになってもらうための商品

が必要なのです。

私の場合、

知ってもらい、興味をもってもらうためには、ブログやメルマガがあります。
ただで発信している情報ですが、私のなかでは「0円の商品」と定義しています。

最初に買ってもらうのは、セミナーが多いです。

そしてセミナーを購入して下さった顧客の一部が、
コンサルティングの顧客になるわけです。

このように、顧客の状態に合わせて商品を
ラインナップしていく必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

日常に変化をつけることで気付くこと

テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

関連記事

  1. 会社員を辞めて独立を考えているのですが?

    ある方から相談を受けました。仕事で心身共に疲労し、次のステップとして独立を考えているという内容で…

  2. もっと多くの会社を成長させたい

    中小企業診断士として独立すると、実に多様な働き方をする人がいます。きっと、他の士業と比較すると、…

  3. 何のために独立したのか?改めて考えてみる

    先日、ちょっとしたことから、「なぜ独立したのか?」を考えさせられる出来事がありました。改めて考え…

  4. 独立を考えたら、いつ妻(夫)に相談すべきか?

    独立することを妻に伝えるタイミング、私は完全に失敗しました。いつ相談すべきか?独立志望の方から質…

  5. セミナー主催の段取り【企画、告知、値付け】

    士業・コンサルタントとして独立するなら、自らセミナーを主催できた方が、ビジネスの幅が広がりますし…

  6. 変えることと、ぶれないこと

    アメリカ大統領選挙のニュースで巷は大変なことになっていますね。■これから社会の基盤と…

  7. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  8. 勉強以前にやらなければならないこと

    資格取得後に先輩や同期合格者と一緒になり、勉強会や研究会で学びを重ねる人がいます。それはそれで素…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP