menu

顧客の関門に合わせた商品設計を

前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。

簡単に復習すると、

「営業」という言葉の定義を変えて、
自分の行動をブロックしないようにする。

「顧客は誰か?」を定義・調査して、
実際に潜在顧客に会いに行く。

この2つでした。


では、この2つを実践できるとモノが売れるのか?
というと、そうもいきません。

売り物がないので当然ですね。。

ただ、売り物があれば何でも良いのか?というと、
そういうわけにもいきません。

顧客の状態に合わせた商品提案が必要なのです。


顧客の状態とは、例えば、

  • 顧客に知ってもらう
  • 顧客に興味をもってもらう
  • 買ってもらう
  • ファンになってもらう
    (ファンであり続けてもらう)

というような状態のことです。

営業のじょうごモデルとか、
セールスファネルなどの言葉で有名ですね。


当たり前のことですが、

まだ一度も買ってもらったことのない顧客に、
いきなりディープな商品を提案しても、抵抗があるでしょう。

  • あなたを知らない顧客には、知ってもらうための商品
  • 知ってもらった顧客には、興味をもってもらうための商品
  • 買ってもらうためには、最初の購買にふさわしい商品
  • 何度か買ってもらった顧客には、ファンになってもらうための商品

が必要なのです。

私の場合、

知ってもらい、興味をもってもらうためには、ブログやメルマガがあります。
ただで発信している情報ですが、私のなかでは「0円の商品」と定義しています。

最初に買ってもらうのは、セミナーが多いです。

そしてセミナーを購入して下さった顧客の一部が、
コンサルティングの顧客になるわけです。

このように、顧客の状態に合わせて商品を
ラインナップしていく必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

日常に変化をつけることで気付くこと

テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

関連記事

  1. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  2. 新しい仕入れをしていますか?

    ゴールデンウィークの間、今まで参加していたのとは毛色の異なるセミナーに参加していました。…

  3. 独立前に身につけておきたい3つのスキル

    私が独立前に迷ったことの第1位は、事業内容でした。もっと具体的に言えば、どんなスキルを身につけて…

  4. 顧客の気持ちを理解するために何をしていますか?

    少し前から、事業が安定してきたので、学びへの投資を今まで以上に増やしています。ぶっちゃけ…

  5. 本物フリーランスと、偽フリーランス

    独立し、「フリーランス」になってから、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。色々と変化した3ヶ月で…

  6. 社長とじっくり話すから見えてくること

    先日、知り合いの社長の話をじっくり聴こうと思い、一緒に飲みに行ってきました。■営業的…

  7. コンサルタント魂、ありますか?

    芸人魂、料理人魂などなど、生き様がそのまま仕事に現れる職業には「魂」という言葉がつきます。…

  8. 資格は運転免許のようなもの

    士業のような取得に苦労した資格になればなるほど、その資格らしい仕事に特化しがちだと感じています。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP