menu

独立したら自分らしくありたい

LINEで送る
Pocket

昨日、ブログのタイトルを変えました。


今までは「大きく考え、小さくはじめる」。
ずっと大事にしてきて、今も大事にしていることです。

着眼大局、着手小局。

物事を大きく考えつつも、動きが止まらないように、
始めるときは小さく。

イキナリ会社を辞めず、週末起業で月に数万円〜10数万円を
稼げるようになってから辞めたのも、こういう価値観があったからです。


新しいブログのタイトルは、「ど真ん中を生きる独立・経営」。

そうです。
最高に自分らしく、つまり自分のエネルギーが最も開放されるところで
私たちは働きたいのです。

給料を貰えるからといって、
やりたくもない、あるいは何の役に立っているのか分からない仕事を、
私たちは続けられないのです。

上司の顔色を伺うでもなく、
自尊心を毀損しながら働くでもなく、
あるいは、士業に定められた独占業務の枠に囚われることもなく。

最も自分らしく、それと同時に顧客から感謝されるような存在。


そんな存在になりたいですよね!
私は、自分の残された人生、そんな存在を目指すことに決めました。

もちろん現実には、乗り越えなければならないハードルもたくさんありますよ。
1つ1つハードルを乗り越えていきます。

それすらも、楽しみです。


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

あ、ビジネスってそういうことだったのか!

診断士試験「経営情報システム」の議論から見えたこと

関連記事

  1. 組織から個へ、そして個からチームへ

    会社という組織から離れ、ひとりで働く道へ。このメルマガで最も多く出てくるシーンです。ただ…

  2. 望む働き方とサービスメニュー

    独立をした直後、私はミスを犯しました。自分が望む働き方とサービスメニューの間に乖離があったの…

  3. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  4. 時間軸を先に飛ばせるか

    仕事のできる方に共通しているのは、時間軸を遠くに飛ばせることでしょう。■コンサルタン…

  5. 顧客の一挙手一投足に注目する

    昨日、顧客の期待値を超えているか?自戒を込めて書きました。■実際、あらゆる事…

  6. 人畜無害じゃ顧客に覚えられない。脱・量産型ザクのススメ。

    会社員だった頃を振り返ると、「量産型ザク」を目指していたように思います。■私個人にし…

  7. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  8. いい流れが出てきた~

    最近、IT企業支援の活動を加速しています。昨日は4社の社長から、じっくりと話を聴きました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP