menu

ビジネスを発展させるただ1つの方法

LINEで送る
Pocket

ビジネスを発展させるためには。
昨日、友人と話をしていて、つくづく感じました。


結局、顧客に会って、話をすること。
ビジネスはそれに始まり、それに終わるな、と。

顧客がどんなニーズを持っているのか?
顧客自身が気づいているニーズもあれば、
未だ気づいていないニーズもあるでしょう。


ビジネスを始めるときには、顧客の定義から始めます。

顧客は誰なのか?
その顧客は、どこに住んでいて、どんな生活をしているのか?
どんな仕事をして、どんな情報に触れ、何に興味を持っているのか?

何に不安を感じているのか?
夜も眠れないほど、苦しんでいることは何なのか?

こういうことを知ろうとするなら、
顧客に会わないわけにはいきません。

机上の統計データなどを見ても、
具体的な顧客像や、顧客のニーズは分からないのです。
直接会って、言葉だけでなく、空気感からも
ニーズを汲み取りましょう。


ビジネスを始めた後も、市場は変化していきます。
あなた自身が変化・成長することによっても、
理想とする顧客像や、提供したいサービスも変わっていくことでしょう。

ですから、定期的に顧客に会い、その変化を感じ取りたいですね。

あなたは定期的に顧客に会う仕組みを構築していますか?



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

私たちは人の話なんて聴いちゃいない

会社と自分の狭間に苦しんで、、

関連記事

  1. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  2. 私の稼動実績(時間の使い方)をシェアします

    毎日、どのくらい働くのが理想ですか?■独立すると、その理想値を決めるのも自分次第です…

  3. 自分で仕事を獲得する、たった1つの方法

    独立を検討している方とお会いすると、ほぼ100%聞かれること。「どうやって仕事を獲得して…

  4. 公的機関に無償で来る企業は顧客になるのですか?

    質問を頂きました。公的機関の経営支援、税務相談などに無償でやってくる企業は、有償サービス…

  5. 独立して、いくらの売上が必要ですか?

    あなたは、毎月いくらの売上が必要ですか?■セミナーやコンサルティングのときなど、この…

  6. 分解できれば成長できる

    昨日、経営は100アスロン(100種競技)だとお伝えしました。■「経営」は本当に様々な種…

  7. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  8. 小学生から始まり、社会人へ

    小学校から始まる学校の勉強、カリキュラムがキッチリ決まっています。■学習指導要領によ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP