menu

考えるよりも、感じること

LINEで送る
Pocket

私は何か新しいことを身につけるときに
大切にしている方法があります。


最初は考えて身につけるものの、
できる限り早く、「考えない」フェーズに
移ることです。

はじめてランニングを教わったとき、
ランニングに必要な動きづくりを
徹底させられました。

例えば、足の裏全体でしっかりと地面を踏む動き。
はじめて教わって以来、
今まで、何千、何万回やってきたのか分かりません。
1日20回でも、3年間やれば2万回以上ですから。


でも、実際に走るときは、この動きのことを考えません。
それよりは、足の裏全体で地面を踏み込めているのか?
感じることを優先しています。

余計なことを考えると、本当はもっと大切な感じるための
感覚が損なわれてしまうからです。

ゴルフをはじめて習うときも、
「まずは大きく振ってみましょう!」
くらいに教わるはずです。

「肘は曲げるな」
「腰をしっかり回転させて」
「グリップはこうで」
・・
なんて言われたら、考えすぎてクラブを振れなくなるでしょう。
それと同じです。


実はコンサルティングも同じだと思っています。

慣れない「型」を身につけるとき、
最初の何回かは考えてしまうでしょう。

しかし、次第に考えるよりも感じることを優先していく。
考えるのは、顧客とのセッションが終わった後で良いのです。

私は顧客の表情や声・呼吸を感じることを優先しています。
時によって、顧客が発している言葉そのものよりも、
大事なメッセージが現れるからです。

とは言え、まだまだ表面的な言葉が気になってしまいますので、
トレーニングしつつ、意識しなくてもできる状態を
目指していきたいと思います。


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

目に見えないものこそ大切な時代

やり方(ノウハウ)とあり方(To Be)のバランス

関連記事

  1. 自分で仕事を獲得する、たった1つの方法

    独立を検討している方とお会いすると、ほぼ100%聞かれること。「どうやって仕事を獲得して…

  2. あなたの顧客はどこにいるのか?

    昨日のセミナーでお話ししたことの中で、最もお伝えしたかったこと。■「顧客は誰か?」…

  3. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  4. 自分の強みは本当に分からない

    もう何度も何度も書いているネタですが。■本当に自分の強みが何か?は、自分では分かりま…

  5. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

  6. 顧客の顧客のそのまた顧客にとっての価値とは?

    対企業にコンサルティングを行なう場合、気をつけるポイントがあります。■顧客の顧客、あ…

  7. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  8. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP