menu

考えるよりも、感じること

私は何か新しいことを身につけるときに
大切にしている方法があります。


最初は考えて身につけるものの、
できる限り早く、「考えない」フェーズに
移ることです。

はじめてランニングを教わったとき、
ランニングに必要な動きづくりを
徹底させられました。

例えば、足の裏全体でしっかりと地面を踏む動き。
はじめて教わって以来、
今まで、何千、何万回やってきたのか分かりません。
1日20回でも、3年間やれば2万回以上ですから。


でも、実際に走るときは、この動きのことを考えません。
それよりは、足の裏全体で地面を踏み込めているのか?
感じることを優先しています。

余計なことを考えると、本当はもっと大切な感じるための
感覚が損なわれてしまうからです。

ゴルフをはじめて習うときも、
「まずは大きく振ってみましょう!」
くらいに教わるはずです。

「肘は曲げるな」
「腰をしっかり回転させて」
「グリップはこうで」
・・
なんて言われたら、考えすぎてクラブを振れなくなるでしょう。
それと同じです。


実はコンサルティングも同じだと思っています。

慣れない「型」を身につけるとき、
最初の何回かは考えてしまうでしょう。

しかし、次第に考えるよりも感じることを優先していく。
考えるのは、顧客とのセッションが終わった後で良いのです。

私は顧客の表情や声・呼吸を感じることを優先しています。
時によって、顧客が発している言葉そのものよりも、
大事なメッセージが現れるからです。

とは言え、まだまだ表面的な言葉が気になってしまいますので、
トレーニングしつつ、意識しなくてもできる状態を
目指していきたいと思います。

目に見えないものこそ大切な時代

やり方(ノウハウ)とあり方(To Be)のバランス

関連記事

  1. 常識人だからこそ、人の常識に振り回されていませんか?

    士業やコンサルタントに中で、「常識」とも捉えられているような考え方があります。■・事…

  2. いよいよ限界値が近づいてきました

    このところ、アポイントという意味ではスケジュールにゆとりがあるのですが、仕事の総量という…

  3. マーケティングの効果

    昨日、コンサルタントの方が起業するのにホームページ制作に協力して欲しいという依頼が来ました。…

  4. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  5. 独立前にやっておいて良かったこと

    会社員の頃から、少しずつ経験しておいて良かったと思っていることがあります。自分で主催する…

  6. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

  7. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

  8. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP