menu

協会に頼らない世界

先日、中小企業診断士が集まる機会があり、
そこに顔を出していました。
皆さんの会話を聴いていて、驚いたのです。


「某県の中小企業診断士協会に入会すれば、
 仕事を斡旋してもらえるらしいよ。」

「東京みたいに人が多すぎないからオススメ」

なんて会話が繰り広げられていました。


ここに参加していたのは、私が知る限りでは、
かなりアクティブに活動をされている方々。

それぞれが大企業・有名企業の要職に就きつつ、
会社の外でも活躍されている方々なのです。

そんなに活発な方々でさえ、
協会から仕事を斡旋してもらう世界しか知らないのか、と。


もったいない。

やる気も実力もある人たちなのだから、
自分自身で仕事や顧客を開拓する方法を身に付ければ、
もっともっと活躍できることは間違いありません。

これは社会的損失なのではないだろうか?

「協会など、他者に頼らなくても、
 仕事を開拓できる世界はありますよ」

なにも異次元の先にある遠い世界ではありません。
その存在を知り、目指しさえすれば、扉の前にいるも同然です。
扉を開けるのに少し時間がかかるかもしれませんが。

共に、扉を開けに行きませんか?

自分という商品への想い

大企業の役職者は意識を変えないと危険

関連記事

  1. 公的機関の仕事はすぐに受けられる?

    質問を頂きました。「公的機関の仕事はすぐに受けられるのでしょうか?」という内容です。…

  2. 4月独立するために必要なこと

    私は3月末で会社員を辞めて、4月から独立しました。■チームを預かるマネージャーでしたので…

  3. 普段、誰と一緒にいますか?

    大前研一さん曰く、自分を変える方法は3つしかなく、・時間配分を変える・住む場所を変える…

  4. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  5. 己を知るためにやること

    独立して、自らのビジネスを伸ばしていくために私が必要だと思っていること。己を知り、心…

  6. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  7. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  8. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP