menu

社長の姿勢が組織に影響する「こんな小さな会社ですみません・・」って

LINEで送る
Pocket

色んな会社を訪問し、コンサルティングをする中で、
社長と社員の間のコミュニケーションに疑問を抱くことがあります。

初回の今回は、コミュニケーションと言うより、
社長の姿勢そのものが組織に与えるインパクトについてです。

 

社長、自信を持ちましょう!

定期的にコンサルティングをさせていただいている、ある会社。
随所に現れる社長の言葉が気になります。先日は、

「こんな小さな会社なので・・すみません。。」

この言葉、私が聴く分には良いのですが、
(フリーランスの私の方が、より極小の存在なのですが。。)
一緒にいる社員はどう感じているのでしょうか?
それが気になって仕方ありません。

社員が一緒にいる場なので言葉にはできないのですが、
毎回、「社長、自信を持ちましょう!」と言いたくなります。

 

 

もはや、小ささは問題どころか利点ですらある

会社規模の大小は、かつてに比べれば大した問題ではなくなりました。
昔は大企業が上で、中小零細企業が下だったかもしれません。

最近は、多くの大企業が苦しみ、凋落する一方で、時代の変化に合わせて元気で小さな会社が登場しています。
組織が大きくなり過ぎて重荷になるよりも、フットワーク軽く元気な極小企業を目指す方が良いのではないでしょうか。
(私が1人ビジネスをしている理由の1つです)

「会社は大きくなければいけない」
「会社は成長させ続けなければならない」

全て誰かが決めたわけでもない、ただ一般常識的に捉えられているものです。
でもすでに書いてきた通り、私はこの価値観自体に疑問を持っています。

小さな会社はそのメリットを活かして、より良い会社作りをすれば良いのではないでしょうか?
大企業の真似事をする必要はありませんし、むしろしない方が良いでしょう。

 

コミュニケーションの基本は相手の立場に立つことから

少し話が脇道にそれましたが、私がこの件で気になっているのは、
社長が社員の立場に立てていないことです。

私が社員だったら、自分の会社を卑下する社長に着いていきたいとは思いません。
自分の親や家族を悪く言う人とも、一緒にいたくありません。それと同じです。

今はどんなにつらい状況であったとしても、会社に誇りを持って経営して欲しい。
社員だったら、自社に誇りを持ち、より良い(大きくではなく)会社にしていこうとする
社長に着いていきたいと思うでしょう。

これから色々な社長と社員のコミュニケーションについて、
時折書いていこうと思っていますが、
その前段階として、そもそも社長が社員の立場に立っていないことが気になり、記事にしてみました。
(社員はなかなか社長の立場を想像できないので、社長が社員の立場に立つ必要があるのです)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は息子の運動会。暑過ぎず、観戦するにはちょうど良い気候です。
月に1度のセミナーを休んで、息子を応援してきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

削ぎ落としてシンプルに生きるには

私が提供しているサービスを図にまとめてみました

関連記事

  1. 顧客のキーマンは誰か? #416

    こんにちは。渋屋です。昨日は久しぶりに1人でジョギングをしました。2月の中ごろから足…

  2. 強みと、やりたいことと、ニーズのバランス

    自分の「強み」は何だろう?そうやって彷徨っている人は多いと思います。私自身、独立前よりは明確…

  3. 新商品・新サービスを企画・開発するときの起点は顧客と・・

    新商品や新サービスを企画するとき、どのように考えるでしょうか?マーケティング…

  4. 仕事を細分化してゴールを共有、「残業のない職場を生みだすためのワ…

    昨晩、ビジネスモデル・キャンバスを使ったビジネスモデルデザイン講座に参加してきました。私は普段、…

  5. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  6. IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

    昨日の続きです。私が仲間を集めたいのは昨日の記事に書きましたが、IT企業に対して何を…

  7. 会社員は将校であり、フリーランスは戦闘民族である

    30代半ばを過ぎた頃から、会社員には気をつけなければならないことがあります。一人の兵として、戦闘…

  8. ポジティブシンキングに潜むリスク

    どんな出来事ができても、それをポジティブに捉えて前に進んでいくポジティブシンキング。これによって…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP