menu

独立1年目と2年目で変わる売上構成

プロスポーツの世界には「2年目のジンクス」があります。
1年目に好成績を収めた結果、相手に徹底的に研究されたり、
好成績を収めたことによって
多忙なシーズンオフを強いられ、
練習や回復が追いつかないのが原因だそうです。


私たちも気をつけないと2年目のジンクスがやってきます。

コンサルタントに限らず、独立直後は目立つものです。

「せっかく独立したから仕事でも振ってみようかな」

というご祝儀的な仕事がやってきます。
私も独立当初は、先輩診断士からいくつかの仕事を
紹介していただくことができました。

ただ、これは長く続かないことを肝に銘じておくべきでしょう。
1年も経つとご祝儀的に仕事を振られることはなくなるか、
かなり数が減ります。


つまりご祝儀が続くうちに、
きちんと自分で「再現性のある」顧客獲得のプロセスを
作りこんでおく必要があるのです。

1年目のうちに勘違いをしてしまい、
何も準備をしておかないと、
気づいたときには手遅れになってしまいます。


プロスポーツ選手の2年目のジンクスは避けるのが
難しい面があります。

しかし、私たちの2年目のジンクスは
きちんと準備をしておけば、全く問題はありません。

最初はご祝儀的な案件でいただいていた売上が、
徐々に外部にシフトしていく。

(知人からの案件):(外部からの案件)

独立当初はこの比率が10:0かもしれません。
これを9:1、8:2、7:3、と変化させていくのです。

私の場合、独立1年目の間に2:8まで
シフトすることができました。
現在も売上の2割までなら、紹介案件を受けても
良いルールにしています。
(この話はまた別の機会に)

何れにせよ、独立前からこの売上構成の変化を
強く意識しておく必要があります。

スイムは前から攻めてみた【バラモンキング2016完走記3】

練習はウソをつかない。良くも悪くも。【バラモンキング2016完走記4】

関連記事

  1. 事業を成功に導くモノ

    会社の看板も何もない私たちが、個人で事業を成功するためには?■今まで幾度と考えてきま…

  2. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  3. 己を知るためにやること

    独立して、自らのビジネスを伸ばしていくために私が必要だと思っていること。己を知り、心…

  4. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

  5. 土台が固まらないと次に行けない

    最近、意図的に色々な本を読むようにしているのですが、私の場合、少し難解な本になると、途端に読めな…

  6. ブログが1,900日を超えました

    5年以上前から書いている本ブログが1,900日更新を超えました。http://biz-i…

  7. 新サービス「インサイトマップ・セッション」はじめました

    あなたは、悩みが生まれるとどういう気持ちになりますか?モヤモヤ?凹む?面倒くさい?etc…

  8. 食事も食べ過ぎれば気持ち悪くなる

    インプットに偏り続けて、アウトプットする場がないと、いつまで経っても「お勉強」から抜け出せま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP