menu

一流と二流以下を隔たるもの

このところ、モノを作る人の高い基準に触れる機会がいくつかありました。
ここでのモノとは、物理的なモノだけでなく、コンテンツなども含みます。
この高い基準が、一流と二流以下を隔てているものなのかと感じました。

 

自分基準へのこだわり

分かりやすい例は、デザイナーの方です。
専門は服飾なのですが、ちょっとした機会があり、名刺を作って頂いたのです。
1日も経たずに素晴らしいデザインの名刺が出来上がり、皆のテンションが上がりました。
(あるプロジェクトでの名刺ですので、私の個人名刺は変わっておりません 泣)

しかし、ご本人からすれば、グラフィックデザインは専門外。
常に一流プロフェッショナルの仕事を見ているため、
経験の少ないご自身のグラフィックデザインは、「絶妙な加減ができない」と評価されていました。

きっと、素人から見ると違いの分からない世界。
でも、そこに自分だけの基準を設定し、その基準を達成するために妥協しないのです。

 

数字へのこだわり

別の例は、ある経営者の方です。
目標とする売上を立てるのは、どの経営者でもやることです。
ただ、この経営者の方は、その数字へのこだわり方が半端ないのです。

毎日どころか、下手すると毎時間、その目標数字に達成しているのか?をチェックします。
そして、数字が足りていないければ、即時に手を打つのです。
その対応スピードには驚かされるばかり。

もちろん、この会社が目標数値を達成できなかったことはありません。
毎年毎年、非常識なくらい高い目標を掲げているのに、達成してしまうのです。

なお、単に数字への執着をするだけの経営者であれば、私は尊敬しません。
私がこの社長を尊敬するのは、上述のデザイナーのように、
この社長が自社サービスに対する徹底的なこだわりを持っているからです。

 

一流はこだわりを持っている

2つ事例を挙げましたが、一流の方々は、何らかのこだわりを持っていると感じます。
逆に言うと、二流以下の人たちからは、こだわりを感じないのです。
周りに流されすぎているのかもしれません。

ただし、私はバランスも大事だと思っています。
自分基準にこだわりすぎて、動けなくなってしまったり、
自分の価値観からなる世界に閉じこもってしまっては意味がありません。

私たちは山に篭る仙人ではありません。
こだわりは、自己満足だけのためではなく、成果を上げるためにも存在します。
そのバランスを大切にしたいと思います。

今日は、一流の基準を見せつけられて、
自分の基準に疑問を持ってしまったので、自戒を強く込めて書きました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
Webコンサルティングが好評で、しかも夜に入ることが多いので、
生活リズムが崩れやすくなってきました。
基本的に早寝早起きしたいので、サービス設計を見直すときかもしれません。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

経営戦略は、アナログか?デジタルか?ではなく、どっちも

好きなことが仕事になるまで

関連記事

  1. 「1万時間の法則」をどこに効かせるか?

    何かの分野において最低限プロを名乗るのであれば、その分野に1万時間を投下するのがスタート地点だ、…

  2. 営業を応援したい! #490

    こんばんは。渋屋です。今日は鮒谷道場の同期である、Kさんとランチをご一緒…

  3. 大企業が変わるために提案したい、たった1つのこと

    私は今、たった1人の会社から一部上場企業まで、様々な顧客と接しています。そこで感じるのは大企業の…

  4. 大企業の意思決定に問題あり

    こんにちは、渋屋です。昨日、サムライベンチャーサミット(Sumurai …

  5. ビジネスプラン #216

    こんにちは、duckです。今日は息子が熱を出したため、急遽、テレワーク(自宅で仕事)です。こういうと…

  6. PDCAをまわせないものは成長できない

    PDCAサイクルをまわせないものは、成長できないのだな。ということを実感しています。&n…

  7. 従業員と上手くコミュニケーションが取れないときは・・

    コミュニケーションって本当に難しいですよね。アドラーは「全ての悩みは人間関係だ」くらいのことを言…

  8. SWOT分析の使い方

    以前に、SWOT分析は使うのが難しいということを書きました。ブレインストーミングのような…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP