menu

商品は、価値を提供するための媒体

LINEで送る
Pocket

中小企業診断士は独占業務がありませんので、
皆さん、何をやっているのか?が分からないくらい、
提供しているサービスがバラバラです。


その一方で、中小企業診断士以外の方の
名刺やホームページを拝見すると、

税理士なら税理士、
社会保険労務士なら社会保険労務士らしい、

実に似たようなサービスを展開していることに
驚かされます。

ときには、AさんとBさんの名刺は、
名前を入れ替えても気付かないのでは?
と思うほどです。


サービス(商品)に違いがないということは、

 対象とする顧客、
 その顧客が抱えているニーズ

が同じであるということです。

なぜなら、顧客が抱えているニーズを
満たすための手段がサービス(商品)だからです。

肩が凝った、というお困りごとに対して、
マッサージというサービスを提供する。

おなかがすいた、というお困りごとに対して、
ラーメンという商品を提供する。

お金の流れが分かるようになりたい、
どれだけ投資して良いのか?把握したい、
というニーズに対して、
キャッシュフローを見える化するサービスがある。

全ての商品・サービスは、
顧客のお困りごとやニーズを満たす。
つまり、価値を提供するための媒体です。


そのように考えると、繰り返しになりますが、
周りの同業者と同じサービスメニューを
用意するということ自体が、
差別化できていないことの証明となってしまいます。

自分独自のポジションを築くのであれば、
商品(サービス)を変えることです。

 対象となる顧客が変わる
 満たしたい顧客のニーズが変わる

大人が入場できない洋菓子店「未来製作所」の
ニュースを読みながら、ふと考えたことでした。


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

1,000日をスタート地点と考えるくらいでちょうどいい

情報発信に完璧を求めてはいけない

関連記事

  1. 個別コンサルティングやってます

    先日、「継続の個別コンサルティングやってるんですか!?」と言われてしまいました。すみませ…

  2. コンサルティングの価値を上げる方法

    このメルマガの読者の方は、何らかの形でコンサルティングを行うことがあるでしょう。コンサル…

  3. 自分の顧客に仕事を依頼したい

    このところ何度か書いていますが、仕事のペースが明らかに変わってきました。■そこで仕事…

  4. 人畜無害じゃ顧客に覚えられない。脱・量産型ザクのススメ。

    会社員だった頃を振り返ると、「量産型ザク」を目指していたように思います。■私個人にし…

  5. 私たちは人の話なんて聴いちゃいない

    先週末の2日間、ひたすら傾聴のトレーニングを行っていました。そこで気づいたことがありました。…

  6. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

  7. 軸となる価格を決める

    稲盛和夫さんが仰られている通り、値決めは経営の肝です。■私たちのように目に見えない…

  8. 売りに来る人と、買いに来る人

    昨日、多くの社長が集まる場所に居たので、ふと「売りに来る人」と「買いに来る人」が居るのではないか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP