menu

直接営業、はじめの一歩

LINEで送る
Pocket

士業の営業力について書き続けています。
基本的に士業の営業力は致命的だということ。
そして間接営業と直接営業の違いについて
書いてきました。


直接営業を始めるために、
最初にやらなければいけないこと。

『顧客は誰か?』

を定義することです。

誰が顧客なのか分からなければ、
そもそもマーケティングや営業活動を
始めることができません。


「そんなの分かっている。決まっている。」

という声を聴くことがあるのですが、
よくよく聴いてみると、決まっていないことが多いのです。

顧客はIT業界だよ、とか
自分は小売専門のコンサルだよ、とか。

広すぎるんですよね。
それに産業分類に乗っているような区分けや、
年齢・性別など一瞥して分かるような分け方だけでは、
足りないと思うのです。

例えば、私の場合は顧客に「成長意欲がある」という
キーワードを外すことができません。
私の理想とする働き方に、

「顧客と一緒に成長する」

と書かれているからです。

だから、成長意欲の感じられない人は
顧客ではありません。
少なくとも長期的なお付き合いはできないでしょう。

他にも、このようなキーワードが多々あります。
このように具体化する理由は、

理想的な顧客とつながりたいから。
そして、その方がマーケティングができるから。


ネットやITが好きな方、
というのも私の顧客像です。

すると、ネットを使ったマーケティングが効果的だ、
と判断できます。

何れにせよ、顧客像があいまいなままでは、
ネットにせよ、対面にせよ、接触することができません。
接触できなければマーケティングも営業もないわけです。

だから、顧客像の明確化は
直接営業のはじめの一歩です。


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

マネジメントは一般教養である。ドラッカー読書勉強会レポート

独立前にやっておいて良かったこと

関連記事

  1. 士業の目の前に広がるブルーオーシャン

    士業のいいニュース、あまり聴かないですよね。■最高峰の司法試験突破者でさえ、職に就け…

  2. 営業術、行動のキモはこれ

    平日・週末と繰り返してきたセミナーの内容を少しずつ、このメルマガでもご紹介していきます。…

  3. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  4. 独立1年目と2年目で変わる売上構成

    プロスポーツの世界には「2年目のジンクス」があります。1年目に好成績を収めた結果、相手に徹底的に…

  5. 変えることと、ぶれないこと

    アメリカ大統領選挙のニュースで巷は大変なことになっていますね。■これから社会の基盤と…

  6. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  7. コンサルティング直後にメモを書く

    私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。■最初は、某公的機関での経営指導員…

  8. 言葉へのこだわりが世界を作る

    成果を上げている人たちを観察すると、言葉へのこだわりが非常に強いと感じます。これは職業に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP