menu

セールスレターにおける仁義なき戦い

LINEで送る
Pocket

このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。
それを見るにつれ、セールスレターを書くときには「熾烈な争い」をする覚悟が必要だと思うようになってきました。

 

気付かずに現れる自己主張

自分で書いたセールスレターを翌日に読みなおし、愕然とすることがあります。
主語が「私」なんです。
それに気付いてから、他者のセールスレターを読み返すと、同じ傾向があることが分かりました。

  • 私(弊社)のサービスはこんなに素晴らしいですよ
  • この商品はこんなにハイスペックなんです
  • 特許や実用新案登録しています

もう、とにかく自己主張ばかり。
そこに顧客の姿はありません。

IT関連企業の商品・サービス紹介は、特にこういうのが多いように感じました。

 

主語を顧客にしてみたら

私はセールスレターは主語を意識するだけで、もっと良くなるのでは?と感じています。
そして主語を「あなた(=顧客)」にするのです。

  • 商品・サービスを上手に活用した事例
  • その結果、顧客はどのように変わったのか?(Before/After)
  • 顧客が価値を感じた瞬間に発した言葉

本当に顧客が欲している情報は、これらのようなものだと思います。
商品・サービスの説明はそこそこに、それ以上に顧客の立場に立った情報を提供する。
それだけでセールスレターは、より深く顧客の心に届くようになるのではないでしょうか。

 

「私」と「あなた」を戦わせる

私自身、セールスレターのライティングテクニックは初心者だと認識しています。
ただ、この「私」と「あなた」を徹底的に戦わせることで、
次のステージに進める確信があります。

自己主張を抑え、顧客の立場で書くということは、
改めて自分の商品・サービスの価値を徹底的に掘り下げること。
顧客の言葉として書かれた価値は、必然的に顧客の心に刺さるようになります。

セールスレターのたった1つのチェック事項。
主語が「私」になっているか、「あなた」になっているか。

確認してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
以前から少しずつまとめているコンテンツがようやく形になりつつあります。
他のセミナー同様、まずはメルマガにてご紹介します。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

レベルアップが止まりません

関連記事

  1. コスト高な日本人

    こんばんは、渋屋です。今日は日本でビジネスをするのは、コスト高になりやすいことについて書きま…

  2. 人を応援する仕事で、自分が元気になる

    もう1ヶ月も前のことです。私の前に、悩んでいる女性経営者がいらっしゃいました。&nbsp…

  3. 仕事をシンプルにしよう、複雑な仕事は疲弊する

    前々回、前回に引き続き、「残業のない職場を生みだすためのワークショップ」で感じたことを書きます。…

  4. 強みと、やりたいことと、ニーズのバランス

    自分の「強み」は何だろう?そうやって彷徨っている人は多いと思います。私自身、独立前よりは明確…

  5. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  6. 渦を巻くリーダーシップと、乗っかるリーダーシップ

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、マラソン中毒者 小野裕史さ…

  7. ポジティブシンキングに潜むリスク

    どんな出来事ができても、それをポジティブに捉えて前に進んでいくポジティブシンキング。これによって…

  8. 口うるさいNo.2の意見に耳を傾けられるか?

    創業社長には、攻めを得意とする人が多いと感じます。自分で事業を立ち上げるくらいですから、当然のよ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP