menu

私が最も衝撃を受けた3人

LINEで送る
Pocket

「様々な人との出会いが私の人生を作ってきた」

そう感じている方は多いのではないでしょうか。
私も非常に多くの方から刺激・示唆・支援・愛情・・様々なものを受け、今の自分があります。

今回はその中でも、私が最も衝撃を受けた3人のご紹介と、
私なりに衝撃を受けた理由や、このすごい方々の共通点を挙げてみたいと思います。

 

エモーショナルカラーとは?

今回ご紹介する3名の共通点だけでなく、相違点を考えたときに出てきたのが、
「エモーショナルカラー」です。
私が学ばせて頂いている「アイダモン」のコンセプトブックから図を拝借しました。
emotional_colors

ザックリ説明すると、それぞれの色に、その人が抱きやすい感情や価値観があります。

赤が強い人は結果重視。情熱屋さんですが、負の側面は憤怒です。
青が強い人は知識重視。探求を大事にする人ですが、批判的になりやすいのが負の側面。
緑の人は人間関係重視。愛情たっぷりですが、不安になりやすいです。
黄色の人は体験重視。面白いことを求めますが、飽きやすい一面も。

一人ひとり、この4色の配分も量も異なります。
このエモーショナルカラー別に人をご紹介していきます。

 

エモーショナルカラー別、すごい人

鮒谷周史さん

最初はメルマガ『平成進化論』の発行者である鮒谷周史さん。
もう10年近くはメルマガを拝読させて頂いていますが、実際に初めてお会いしたのは2012年4月。
とにかく「言葉」がすごい。

比喩の使い方、あらゆる出来事に言葉の「タグ」を張って概念化していきます。
個別具体的なことと、抽象的な世界を行ったり来たりする思考も、言葉を操る力によるものです。
言葉を操り、具体・抽象の世界を俯瞰するのは、エモーショナルカラーの「青」の力だと感じています。

私は鮒谷さんから学び、自分のOSであるマインドや思考を少しずつアップデートしてきました。
思考が変われば行動が変わり、そして結果が変わる。

人の変化・成長を長年研究されているので、変わりたいと思う方はメルマガを読んでみてはいかがでしょうか。

榊原健太郎さん

次にご紹介するのは、サムライインキュベートの榊原健太郎さん。
お会いしたときの「衝撃」では、私の中では、圧倒的な不動の1位です。
「渋沢栄一を超える」「ノーベル平和賞狙っている」など、コメントがぶっ飛びすぎてて、凡人は口を開けてボーッとすることしかできませんでした。

とにかく行動量がハンパないのです。
2年半ほど前、榊原さんをお呼びしてセミナーを開いたとき「イスラエルに行きたい」と仰っていたのですが、
その数カ月後には、イスラエルに住んでいました。英語できないのに。

「できるできないではなく、やるかやらないか」

その強烈な言葉は、エモーショナルカラーの「赤」を示しています。
インキュベータである榊原さんが支援する企業は増え続け、それと同時に成果を上げる企業も増えています。
Facebookで榊原さんが支援先をご紹介するたびに、
「ほ〜、こんなサービス・テクノロジーがあるんだぁ〜」と学ばせていただいています。

生田知久さん

最後にご紹介するのは、教育業界の革命家、アイデンティティの専門家、生田知久さんです。
研修講師として活躍されてきたことから、
組織や人が成長することと徹底して向き合ってきました。

言葉に限らず、様々な表現を使って、アイデンティティという難しい概念にアプローチしています。
開発したコンテンツの素晴らしさは、そのプログラムが国家プロジェクトやアメリカの一流大学で採用されていることからも伺い知れます。
「人類を進化させる」という、生田さんのジェネレーター(開発者)としての力は、世界を変えていくことになりそうです。

こんな難しいことに取り組んでいるので、エモーショナルカラーは青かと思いきや、
一番強いのは「黄色」でしょう。(青も強いのですが)

普段の会話の中で良く出てくる言葉が、「WOW」「熱い」「ヤバい」etc
とにかく毎日を楽しみまくっているのが分かります。
自分のアイデンティティを明確にし、自分自身の「ど真ん中」を生きているからこそ、毎日が楽しいのでしょう。

「やりたいことが分からない」「自分のど真ん中を見つけたい」という人は、自己確立の学校「アイダモン」がオススメです。

こうやって3名ご紹介すると、私は「緑」が突き抜けている人に出会ったことがないのかもしれません。
緑が突き抜けている人って、マザーテレサみたいな人なんでしょうか。
私自身、緑が弱かったので(絶賛強化中w)、出会っていても気付いていなかったのでしょう。

 

成果を上げる人に共通していること

この3人に共通していることがあります。

1つは、言葉を大切にしていることです。
適当な定義で済ませず、自分自身で納得できる形にまで落とし込んでいるのを感じます。

2つ目は、考え抜くことです。
周りの意見を鵜呑みにせず、自分で徹底的に考えぬくからこそ、
新しい概念を生み出すのではないでしょうか。

最後に、未来から現在を見ていることです。
未来のビジョンを持っていて、その世界にたどり着くためには何ができるのか?
そういう視点で常に考え、行動されているように感じます。

さて、9月30日(金)に生田さんをお呼びしてセミナーを企画しました。
すごい人に会ってみたいと思われる方は、ぜひいらしてください。
ページはこちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
本当はもっとご紹介したい人が居たのですが、
記事が長くなるので、この3人にさせていただきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

【独立のリアル】フリーランスはブラックなのか?

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

関連記事

  1. 戦友 #651

    おはようございます。渋屋です。■仲間が戦友になった初マラソンを終えて、早…

  2. 一般化するチカラ #523

    こんばんは。渋屋です。部署異動をして仕事が変わってから、早2年3ヶ月が経…

  3. ものづくりには遊びが必要だ #612

    おはようございます。渋屋です。金曜日に「ものづくりベースキャンプ」に参加…

  4. ダメな自分も認める #201

    こんにちは、duckです。昨日のブログで、自分のやることは浅い。もっと深堀りをせにゃあかん。というよ…

  5. 決断のスピードを上げる #574

    おはようございます。渋屋です。昨日、肩の病院に行きました。ずっと…

  6. 答えに従うだけの単純な道を選ぶか、答えのない複雑な道を選ぶか

    4年生になった息子が新たに勉強を始めました。今までは問題を解くだけでしたが、週に1度、作文を始め…

  7. 結果と過程 #496

    おはようございます。渋屋です。昨日は、あるメーカーへ訪問。今後数…

  8. 踊り場 #483

    おはようございます。渋屋です。昨日はずっと行きたかった歯医者と美容院に行…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP