menu

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

LINEで送る
Pocket

先日、街中を歩いていると
昔ながらの八百屋さんがありました。


置いてある野菜や果物は、
パッと見で、どれも新鮮でおいしそうでした。

小さな店舗でしたが、お客さんも入っていて、
活気のあるお店だなぁ~と。


一方で、このご時勢、廃業に追い込まれる店舗も
非常に多いです。

廃業に行き着いてしまう最初の一歩は、
そのお店が殺伐とすることだと感じています。

店員の高齢化で
整理整頓が出来なくなってしまうのです。

そして、商品に鮮度を感じなくなります。
埃をかぶっていたり。

八百屋が仕入れを止めてしまったらどうなるでしょうか?

鮮度が勝負の食べ物ですから、
実際には仕入れを止めてしまうことはないでしょうが。


私たちコンサルタントは、
アタマの中にあるものの鮮度に気付きにくいものです。

それでも、顧客には分かってしまいます。

「あ、この人はもう、学ぶことを止めてしまったんだな」と。

士業の集まりなどに行くと、
とても偉そうにしている人に出会うことがあります。

過去の実績はすごいのかもしれませんが、
学びや成長が止まっている人でした。

失礼ながら、私はそういう方には興味を持てません。

過去の実績ゼロでも、まだまだ若くても、
何かが好きで、それを強烈な勢いで学んでいっている。

私が一緒に仕事をしたいな、と思うのは、
このようなタイプの方です。

知識や体験の仕入れを止めてしまった
コンサルタントになっていないか?

常に気をつけたいことです。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

私が最も衝撃を受けた3人

セールスレターにおける仁義なき戦い

関連記事

  1. 価格に自分を合わせて成長させる

    このメルマガでは、自分で顧客を開拓することを提唱しています。他の誰かから仕事をもらうので…

  2. 現場に埋もれることで得られること

    「コンサルタント」を毛嫌いする社長の主張は、「コンサルタントは現場で役立たない」とい…

  3. まだ見ぬ顧客との会話

    今晩、初めて訪れるところでセミナー講師をします。■当然のことながら、セミナーに来て下…

  4. 終わりのないコンテンツを作りたい

    先日、ある方と話をしていて、「終わりのないコンテンツを作りたい」と思うようになりました。…

  5. 投資に対する社長と会社員の意識は違う

    独立後、コンサルタントとして社長を支援するとき、注意したいのが、投資に対する意識の違いです。…

  6. 迷ったときに戻るべき原点

    このところ、少し迷っていたことがありました。■独立直後からやっていた、あまり望まない仕事…

  7. 独立直後の目的はお金でも良い

    「独立したい」と思ったとき、その理由は何でしたか?■私の場合は、「全部自分でやり…

  8. 営業術、行動のキモはこれ

    平日・週末と繰り返してきたセミナーの内容を少しずつ、このメルマガでもご紹介していきます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP