menu

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

先日、街中を歩いていると
昔ながらの八百屋さんがありました。


置いてある野菜や果物は、
パッと見で、どれも新鮮でおいしそうでした。

小さな店舗でしたが、お客さんも入っていて、
活気のあるお店だなぁ~と。


一方で、このご時勢、廃業に追い込まれる店舗も
非常に多いです。

廃業に行き着いてしまう最初の一歩は、
そのお店が殺伐とすることだと感じています。

店員の高齢化で
整理整頓が出来なくなってしまうのです。

そして、商品に鮮度を感じなくなります。
埃をかぶっていたり。

八百屋が仕入れを止めてしまったらどうなるでしょうか?

鮮度が勝負の食べ物ですから、
実際には仕入れを止めてしまうことはないでしょうが。


私たちコンサルタントは、
アタマの中にあるものの鮮度に気付きにくいものです。

それでも、顧客には分かってしまいます。

「あ、この人はもう、学ぶことを止めてしまったんだな」と。

士業の集まりなどに行くと、
とても偉そうにしている人に出会うことがあります。

過去の実績はすごいのかもしれませんが、
学びや成長が止まっている人でした。

失礼ながら、私はそういう方には興味を持てません。

過去の実績ゼロでも、まだまだ若くても、
何かが好きで、それを強烈な勢いで学んでいっている。

私が一緒に仕事をしたいな、と思うのは、
このようなタイプの方です。

知識や体験の仕入れを止めてしまった
コンサルタントになっていないか?

常に気をつけたいことです。

私が最も衝撃を受けた3人

セールスレターにおける仁義なき戦い

関連記事

  1. 世間が休みのときにどう過ごしたか

    フリーランスの働き方は自由です。GWのように大型連休のときほど、その働き方に差が出るのではな…

  2. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  3. 軸となる価格を決める

    稲盛和夫さんが仰られている通り、値決めは経営の肝です。■私たちのように目に見えない…

  4. メルマガ『非常識なコンサルタント』バックナンバー公開します

    突然ですが、メルマガ『非常識なコンサルタント』のバックナンバーを公開することにしました。急に、「…

  5. 独立するなら学び方を変えたい科目

    このブログ読者には、中小企業診断士だけでなく、診断士を目指す受験生も多くいらっしゃいます。…

  6. 独立時の商売ネタに困るのは、いたって普通のこと

    独立したいと考えている人にとって、一番の悩みは「商売のネタが思い浮かばない」ことだそうです。…

  7. 顧客に提案しまくっていますか?

    先日、仲間の1人がいい感じに顧客開拓をしまくっていました。それを見て、私はまだまだ提案が足りてい…

  8. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP