menu

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

LINEで送る
Pocket

先日、街中を歩いていると
昔ながらの八百屋さんがありました。


置いてある野菜や果物は、
パッと見で、どれも新鮮でおいしそうでした。

小さな店舗でしたが、お客さんも入っていて、
活気のあるお店だなぁ~と。


一方で、このご時勢、廃業に追い込まれる店舗も
非常に多いです。

廃業に行き着いてしまう最初の一歩は、
そのお店が殺伐とすることだと感じています。

店員の高齢化で
整理整頓が出来なくなってしまうのです。

そして、商品に鮮度を感じなくなります。
埃をかぶっていたり。

八百屋が仕入れを止めてしまったらどうなるでしょうか?

鮮度が勝負の食べ物ですから、
実際には仕入れを止めてしまうことはないでしょうが。


私たちコンサルタントは、
アタマの中にあるものの鮮度に気付きにくいものです。

それでも、顧客には分かってしまいます。

「あ、この人はもう、学ぶことを止めてしまったんだな」と。

士業の集まりなどに行くと、
とても偉そうにしている人に出会うことがあります。

過去の実績はすごいのかもしれませんが、
学びや成長が止まっている人でした。

失礼ながら、私はそういう方には興味を持てません。

過去の実績ゼロでも、まだまだ若くても、
何かが好きで、それを強烈な勢いで学んでいっている。

私が一緒に仕事をしたいな、と思うのは、
このようなタイプの方です。

知識や体験の仕入れを止めてしまった
コンサルタントになっていないか?

常に気をつけたいことです。


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

私が最も衝撃を受けた3人

セールスレターにおける仁義なき戦い

関連記事

  1. ラクをするためにもフォームを磨く

    「コンサルティングに集中できたら もっとラクになるのになぁ~」と思ったことが、過去100…

  2. 商品構成を最適化する

    私が独立を決意したとき、そのことを当時ボランティアで支援をしていた会社の社長に伝えると、…

  3. スタートは常に顧客から

    戦略論云々といった小難しいことはさておき、ビジネスを考える上でのスタート地点は常に顧客です。…

  4. 期待値コントロールしてますか?

    先週まで、顧客の期待値を超えているか?を書きました。■顧客との関係を継続…

  5. 年金受給者(年金診断士)とは一緒になりません

    「年金診断士」と呼ばれる人たちがいます。■企業を定年まで勤めた後、中小企業診断士の資…

  6. 新サービス「インサイトマップ・セッション」はじめました

    あなたは、悩みが生まれるとどういう気持ちになりますか?モヤモヤ?凹む?面倒くさい?etc…

  7. 現場に埋もれることで得られること

    「コンサルタント」を毛嫌いする社長の主張は、「コンサルタントは現場で役立たない」とい…

  8. 仕事を分類して目標を立てる

    そろそろ1年の振り返りや来年の目標を立てる方が多いのではないでしょうか。■ひとりで働…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP